今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「ミスミソウ」山田杏奈がとにかく凄い。壮絶復讐譚の果てに誕生した新たなる返り血の女王

2018年4月14日 09時45分 ライター情報:しげる
断言したい。山田杏奈様こそが、次世代の返り血の女王である。『ミスミソウ』での山田杏奈様は、そのくらいすごかった。

ホラー漫画家押切蓮介の代表作、マジで完全映像化!


『ハイスコアガール』のヒットで、今でこそギャグとラブコメの人として認識されることも多い押切蓮介。しかし元々はホラーコミックを得意とする作家であり、血みどろのバイオレンスと荒涼としたストーリーが混じり合う作品を数多く生み出している。『ミスミソウ』は、そっち方面の押切蓮介の代表作。なんといっても連載時の掲載誌が『ホラーM』である。

雪深い田舎。来年で廃校になる学校に通う、卒業を控えた中学生たち。鬱屈した空気と行き場のない衝動が最悪の形で噴出し、中学生たちが殺しあう復讐劇が展開される。そんな原作を映像化した監督が内藤瑛亮。『先生を流産させる会』や『ライチ☆光クラブ』を撮った人だ。『ミスミソウ』の監督と原作の組み合わせは、ビールと餃子、シドとナンシー、富士山と月見草並みの組み合わせと言えるだろう。

舞台は冬、卒業式を間近に控えた田舎の中学校。生徒は少なく、来年で廃校になる予定だ。この学校に通う転入生の野咲春花は、同じクラスの生徒たちから壮絶なイジメに遭っていた。靴をゴミ捨て場に放り込まれ、拾いに行っては泥まみれになるような日々。しかし、同級生の相場だけは春花を支える。

担任の南はいじめを主導しているリーダー格の妙子の言いなりであり、クラスの誰もがいじめに加担している。両親にも勧められて半ば登校拒否状態になった春花。以前いじめの標的となっていた流美が周囲からけしかけられて春花の家を訪れ、「教室に来てくれないと、自分がまたいじめられる」と訴えるも、登校はできないでいた。

ある日、相場とともに出かけた春花は、2人で帰宅する途中で自らの家が炎上している現場に出くわす。燃える家に飛び込んだ相場は春花の妹である祥子を助け出すが、春花の両親は焼死。祥子も全身火傷で危篤状態となる。実行犯は流美を中心とする同級生。そのことに気が付いた春花は学校に姿を表し、周囲の様子を探る。やり返される前に春花を自殺に見せかけて殺そうとする同級生たち。家族の仇を取ることを決意した春花。降り止まない雪の中、血みどろの復讐劇が始まる。

こういうストーリーなので、正直見る人を選ぶ作品だ。いじめのシーンだけでも心臓がキュッとなる。加えて「絶対に原作通りに登場人物を殺す」ということに全力を傾けている映画なので、暴力シーンも容赦がない。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!