今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

「半分、青い。」148話「ものすっごい気持ち悪い」キスを否定する鈴愛

2018年9月21日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第25週「君といたい!」第148回 9月20日(木)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:宇佐川隆史 田中健二
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

148話はこんな話


鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)はついにそよ風の扇風機を完成する。だが、それを狙うあやしい影が・・・。

高瀬アナ訂正


「おはよう日本 関東版」にておなじみ高瀬耕造アナウンサーが、涼ちゃんはまだ出てこないにもかかわらず「表情に注目」発言したことに言及。「いかに事前に(内容を)しらされてないか証明してしまいましたね」と苦笑い。NHKのエリートアナウンサーも間違えるのだから、誰だって間違うことはあると気楽にさせてくれた高瀬アナ。素敵ですが、あまりご無理なさらずニュースをしっかり伝えることに集中なさってくださいと余計なお世話だが申し上げたくなる。

「ものすっごい気持ち悪い」


律の胸のなかで「ずっとここに来たかったような ずっとここにいたような」とつぶやいていると、物音がしてムードぶち壊し。鈴愛は律をはたいて立ち上がる。安定のお約束展開。
147話で音が聴こえなくてこわいと言った舌の根も乾かぬうちに、音に敏感で俊敏に動く鈴愛。
もっとも彼女はついついムードに乗っかってしまい、律はまどろみのなかで本能的に動いてしまった。一連のラブシーン的なものはそんな出来心的なものだろう。

「ものすっごい気持ち悪い」とか言い出す鈴愛は、視聴者の半分くらいの意見へのフォローだろう。147話の放送後、SNS では素敵と盛り上がる層、ないないとげんなりする層に分かれて盛り上がっていたから。
そんな鈴愛に律は「大丈夫 引き返せる」と冷静。
この男女の腐れ縁みたいなものを美談にしないで笑いでパッケージするところは、昔、律が清と見ようとした映画「恋人たちの予感」を思わせる展開だ。

恵子のグリーンパン


結果「大事に至ってない」ということで、平常心に戻るふたり。
そこへ恵子(小西真奈美)がやって来て、でもふたりの様子がへんなことにまったく気づかないまま、請求書だけ置いていく。
小西真奈美と若村麻由美のしゃべり方がそっくり。セリフの口調が同じだから。
余談だが、姫野カオルコの小説「彼女は頭が悪いから」で部活の女子マネージャーを誰がやっても「朝倉」と「南」と呼ばれるというシニカルな描写があって面白く読んだが、「半分、青い。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

「「半分、青い。」148話「ものすっごい気持ち悪い」キスを否定する鈴愛」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    会社なのに鍵付いてないの?

    20
  • 匿名さん 通報

    ライターさんはもはや北川さんに個人的な恨みでもあるのかしら。擁護するつもりはないけどプロなのに全く皮肉にユーモアがないし。あ、プロじゃないのか。

    14
  • 匿名さん 通報

    扇風機が生み出す風の性質は羽根の形と回転数で決まる、なんてことは小学生でもわかること。それなのにこの何ヶ月?羽根の形状だけを研究していたとは!律は大馬鹿か、あるいは本物の天才なのかもしれん

    9
  • 匿名さん 通報

    てっきり涼ちゃんがAC/DCのTシャツ着て現れて、それ見て律が覚醒するのかと思った。

    7
  • 匿名さん 通報

    スズメのパソコンのパスワードは、きっと娘の名前にちがいないと真っ先に想像した津曲。自分の息子にはちょっと虚勢を張っちゃったけど、普通の親心をもったいいお父さんだよなあ。

    7
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!