「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女優、富田靖子と松下由樹「アイコ十六歳」からの紆余曲折

「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女優、富田靖子と松下由樹「アイコ十六歳」からの紆余曲折
拡大する(全3枚)
写真・図表:BEST T!MES
■「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女優、富田靖子と松下由樹「アイコ十六歳」からの紆余曲折
「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女...の画像はこちら >>

 101作目の朝ドラ「スカーレット」が好評だ。前作「なつぞら」のような派手さはないが、ヒロイン・戸田恵梨香を中心に、バランスのいい作品に仕上がっている。第8週では、いつもは地味な主人公が会社のマスコットガールとして新聞に登場、アイドル的な可愛さで驚かせるという、朝ドラらしい展開が見られた(かつては「あすか」の竹内結子も似たシチュエーションを演じたものである)。

 そんな「スカーレット」の助演を渋くこなしているのが母親役の富田靖子だ。北村一輝扮する父親が、けっこうなダメ男なので、その明るく尽くす姿が絶妙な中和剤になっている。そして、彼女のこれまでの女優人生もまた、苦労の多いものだったことがしみじみと思い出されるのだ。

 彼女は83年に映画「アイコ十六歳」で主演デビュー。約12万7千人のなかからオーディションで選ばれ、これ以上ないスタートを切った。翌年、2作目の映画の前にはこんな初々しい発言をしている。

「でも、まだ私女優といっても、本当にタマゴだとつくづく思いますねえ。だって、女優の吉永小百合さんって、今日初めて知ったんですもの」(「ボム!」84年6月号)

 しかし、この映画「ときめき海岸物語」は相手役の鶴見辰吾が大麻で逮捕され、途中で打ち切り。4年後の連ドラ「疑惑の家族」も相手役の木村一八の暴行事件により、途中で打ち切りになった。


この記事の画像

「「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女優、富田靖子と松下由樹「アイコ十六歳」からの紆余曲折」の画像1 「「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女優、富田靖子と松下由樹「アイコ十六歳」からの紆余曲折」の画像2 「「スカーレット」「G線上のあなたと私」で渋く光るアラフィフ女優、富田靖子と松下由樹「アイコ十六歳」からの紆余曲折」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

松下由樹のプロフィールを見る
BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松下由樹」に関する記事

「松下由樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松下由樹」の記事

次に読みたい「松下由樹」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク