ユニクロ、「アパレル世界1位」の公算…コロナ禍下で過去最高益、中国で破竹の勢い

「21年以降、やはりアジアが世界の中心になる。スーツは欧州発祥。一方でアジアは新興市場で、カジュアルな普段着が受け入れられる要素が多い。最良の服として世界ブランドに、アジアから初めてなりたい」

 カジュアル衣料ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、“ポストコロナ”のアパレルの世界の勢力地図について、2020年12月28日付日本経済新聞電子版のインタビューでこう語っている。

グローバル旗艦店を銀座にオープン

「どこに出しても恥ずかしくない、世界を代表する『フラッグシップストア(旗艦店)』をつくりたい」(20年6月17日付読売新聞オンラインより)――。日本発の世界ブランドを目指す柳井氏の思いである。

 ユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO(ユニクロ トウキョウ)」が2020年6月19日、東京・銀座3丁目にオープンした。国内では14年以来の旗艦店で、約5000平方メートルの売り場面積は日本最大級だ。「ユニクロ トウキョウ」が開店した6月19日はエアリズムマスクの発売日でもあった。ECサイトはアクセスが集中したためつながらず、店頭では長蛇の列ができ“三密”が危ぶまれる事態となった。

 ユニクロは機能性肌着ヒートテックやエアリズムで消費者の熱い支持を得た。エアリズマスクは高性能フィルターで飛沫をブロックする。ユニクロの機能性マスクへの期待が大きかった表れである。このエアリズムマスクの集客効果は大きく、国内の既存店売上高が7カ月連続で前年同月比プラスとなる原動力となった。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「ユニクロ」に関する記事

「ユニクロ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ユニクロ」の記事

次に読みたい「ユニクロ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の経済記事

キーワード一覧

  1. ユニクロ ワンピース

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。