『テレビアニメ「鬼滅の刃」柱稽古編』(フジテレビ系/毎週日曜23時15分)第六話が6月16日に放送。再び登場した鬼殺隊士・村田(CV:宮田幸季)が話題を呼び、エックスでは“村田さん”がトレンド入りした。

(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】「ついでに岩押してくるわ」前向きすぎる伊之助が素敵

 第六話「鬼殺隊最強」では、岩柱・悲鳴嶼行冥の修行内容を聞いた我妻善逸が気絶。悲鳴嶼の指示で覚醒したものの、冷たい川の水で凍えているところに「岩に…くっつけ…あったかいぞ…」と声をかける人物が。それは、ひと足先に岩にくっついていた村田隊士だった。

 「那田蜘蛛山編」でも登場した村田は、水柱・冨岡義勇と同期の隊士。水の呼吸の使い手だが薄すぎて水が見えない、嘴平伊之助に殴られる、最後まで下の名前が明かされなかった…など“モブ”感が強いが、戦いの最中に竈門炭治郎を気遣う先輩らしさや、どんな状況でも自分にできることを成し遂げる根性を持つ気骨の隊士でもあり、親しみやすいキャラクターと相まってファンは多い。


 村田の再登場に、「村田さん!! わりと義勇さんの恩人である村田さんじゃないか!!」と沸き立つ視聴者。登場した時点で息も絶え絶えの様子だったが、「悲鳴嶼さんの修行まで来てる村田さん何気に凄い」「村田さんもさりげなく善逸達より早く到達してるからモブ隊士の中ではトップクラスに強いのよね」「脱落せず悲鳴嶼さんの修行まできて、伊之助より長く滝行してる。これで岩動かしたら、伊之助や善逸よりポテンシャル高いことに…」「村田さんここにいるってことは伊黒さんや不死川さんの稽古をクリアしたってことですもんね。やばいな」と、村田の活躍とポテンシャルを示す声が相次いでいる。