女性版オーシャンズのリーダー、サンドラ・ブロックが愛され続ける理由

 女優のサンドラ・ブロックが、『オーシャンズ8』(本日公開)で、久々に、変わらぬパワーを見せつけた。アン・ハサウェイやケイト・ブランシェットなど、ほかの人気女優に囲まれているとはいえ、『オーシャンズ11』の女性版リブートである今作を率いるのは、同性に愛されるサンドラだ。実は、日本において、彼女がスクリーンに姿を現すのは5年ぶりのこと。アメリカにおける首位デビューも、同様に5年ぶりなのである。

【写真】豪華絢爛!チーム勢ぞろい&セレブ集合の『オーシャンズ8』NYプレミアフォトギャラリー<21枚>

 守備範囲の広さでサンドラに勝る女優は、ハリウッドにもなかなかいない。1994年の『スピード』で大ブレイクを果たしたサンドラは、翌年、デミ・ムーアが蹴ったことから主役を手に入れたロマンチックコメディ『あなたが寝ている間に…』(1995)で、“ガール・ネクスト・ドア(隣に住む女の子)”の肩書きを得る。同年公開された別の主演作『ザ・インターネット』は心理スリラー。その後も、『評決のとき』(1996)、アカデミー賞作品賞に輝くシリアスな『クラッシュ』(2004)など、さまざまなジャンルに挑戦しては、成功させてきた。

 『デンジャラス・ビューティー』(2001)、『トゥー・ウィークス・ノーティス』(2002)、『あなたは私の婿になる』(2009)などのコメディで、観客を呼び込める女優の代表となったサンドラが、ついに念願のオスカー候補入りを果たしたのは、2009年の『しあわせの隠れ場所』だ。予算が限られていたことから、彼女も、バカ高い基本のギャラをカットし、興行収入に応じてボーナスをもらえる契約に承諾したのだが、想像以上にアメリカで大ヒットしたことから、通常以上の稼ぎを得ることになった。さらに、主演と呼ぶにはやや出番が少ない感があるにもかかわらず、主演女優賞を受賞することになったわけだ。まさに、彼女の頭と運の良さがわかるエピソードである。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サンドラ・ブロックのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サンドラ・ブロック」に関する記事

「サンドラ・ブロック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サンドラ・ブロック」の記事

次に読みたい「サンドラ・ブロック」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク