bit

インク要らずのプリンタを使ってみた

インク要らずのプリンタを使ってみた
手のひらサイズのモバイルプリンタ「PoGo」(ポラロイド社製)。
日ごろ、プリンタを使っていて「インクがなくなってプリントできない」と困ったことのある人は多いと思う。ところが、つい最近、インク要らずのモバイルプリンタが発売されたのだ。これでインク切れによる悩み解消か。早速使ってみた。

同製品名は「PoGo(ポゴ)」(実勢価格1万7000円前後)、日本ポラロイド株式会社から11月20日に発売されたばかり。インク要らずのほか、わずか60秒でプリントできること、12×7.2×2.3cm、227gと小型なのが特徴。カラーはブラックとシルバーの2種類。また、バッテリーはリチウムイオン電池でフル充電時で約15枚プリント可能だ。
インク要らずを実現した秘密は用紙にある。ZINK(ジンク)フォトペーパーを使うのだが、このペーパーにコーティングされた結晶をプリンタヘッドのパルス熱で溶かすことで発色する仕組みになっているのだ。大きさは約5×7.6cm、1枚当り約35~40円程度、裏がシールになっている。

使い方は簡単。用紙をセット後、電源をオン、そして、ピクトブリッジ対応デジカメならUSBケーブルで、ブルートゥース対応の携帯電話なら無線で選んだ画像データを送信すれば完了。あとは自動的にプリンタから写真が出てくるのを待つだけ。
実際に使用してみると、確かに小さくて軽いくて速い。用紙の面を表裏逆にしないこと、スマートシートという用紙をあらかじめプリンタに読み込ませておくこと、この2つを気をつければ事故なく簡単に誰でもプリントできる。用途としては、作品にする本格的な写真プリントというよりは、日記やスケジュール帳などにコメントを添えて貼り付けるといった「画像メモ」として使うのに向いているかも。メーカーも同様な使い方をお勧めしている。

あわせて読みたい

  • 1つの被写体が6つになった不思議な写真

    1つの被写体が6つになった不思議な写真

  • 大きなカメラが欧米で根強い人気?

    大きなカメラが欧米で根強い人気?

  • ストロボなのにどうしてスピードライト?

    ストロボなのにどうしてスピードライト?

  • コネタの記事をもっと見る 2008年12月4日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら