bit

韓国のパソコンのフォルダ名に鳥が多いわけ

韓国のパソコンのフォルダ名に鳥が多いわけ
わかりにくくて恐縮ですが、フォルダ名が鳥を表す韓国語ばかりの状態。
韓国でパソコンを手に入れ、しばらく経った後に気がついたのだが、画面上に新しいフォルダをつくると、ハト・アヒル・フクロウ・キツツキといった様々な鳥を表す韓国語が、自動的にフォルダ名となっていることが多いのである。
もちろん私のパソコンだけが特別なのではない。外で誰かのパソコンを借りても、同様な名前のフォルダがデスクトップに並んでいたりする。

「新しいフォルダ」「名称未設定フォルダ」といった無機質な名前よりは、かわいらしくて良い気がするけれど、一体これは何なのだろう。もしや何かの陰謀なのでは? などと妄想してみたり。

ネットで検索すると簡単に答えが出た。これは、韓国における解凍・圧縮ツールのシェアのうち87.8%を占める(※)人気ソフト、「ALZIP」のおまけ機能によるもののよう。なおALZIPは、私のパソコンにもダウンロードされている。

「パソコンにALZIPをダウンロードすると、マウスの右クリックメニューに、『新しいフォルダ』メニューが追加されます。これにより、2度のクリックで簡単に新規フォルダを作成できるようになります」と話すのは、ALZIPを提供するソフトウェア会社「ESTsoft」。確かに私もこの機能を使っているが……。
「韓国語で『セ(=新しい)フォルダ』と言えば、同音異義語である『セ(=鳥)フォルダ』を連想します。機能に楽しさを加える意図で、新しいフォルダが鳥のフォルダとなるようにしました」とのこと。なるほど、これは単なる駄洒落だったのだ。

あわせて読みたい

  • ハトはなぜすぐ逃げないのか

    ハトはなぜすぐ逃げないのか

  • コネタの記事をもっと見る 2009年12月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース