bit

紙で何でも作る会社

紙で何でも作る会社
ペーパーナイフ。紙で紙を切る!
紙は万能である。紙で力士を作って“紙相撲”をしたり、紙で飛行機を作って“紙ヒコーキ”を楽しんだり。紙で家具を作る会社もあるし、何だったら鼻をかんだっていい。

しかし、ここまで成し遂げてる会社があるなんて知らなんだ。それは、新潟にある「安達紙器工業株式会社」のこと。

この会社、紙で様々な物を製品化している。それが、どれも大胆な物ばかり。ざっと挙げてみても、ペーパーナイフ、キャリーバッグ、更衣室、担架などを紙で製作。驚きの紙製品たちだ。

それにしても、どうしてこのような試みをするようになったのか? 直接、同社に伺ってみた。
「元々、お客様が企画した物を形にするという業務を行っていたんです。そこでは、剣道の“胴”の部分を紙で作った防具などが製品化されました。その場合、“○○さん考案”と、お客様の名前を前面に押し出した形で店頭販売がされています」

だが、お客さん発注の商品化だけでは企業としても物足りない。何しろ、時代は“不況”真っ只中。「前へ、前へ!」の精神が大事なのだ。そこで約15年前から、同社オリジナルの紙製品たちが開発されるようになった。

記念すべきオリジナル第1号は、雪国の新潟らしく“そり”。通常はプラスチックで製作するそりを、安達紙器は紙製で。だが、残念ながら、この紙そりは商品化ならず。

しかし、今は創作活動も順調だ。何しろ、“紙製ペーパーナイフ”である。紙で紙を切るだなんて、もはやコチラが混乱してしまいそうだ。ちなみに、正式な商品名『Paper Made Paper Knife』(4,200円)が開発されたのは、5年前の2005年のこと。ドイツのフランクフルトで開催されたギフトショーにも出展され、好評を博している。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年1月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース