bit

名探偵・浅見光彦気分が味わえる街!?

名探偵・浅見光彦気分が味わえる街!?
ミステリーウォークの休憩所を兼ねた特設会場「金魚亭」。ここにもヒントが隠されている。
テレビドラマでも人気の内田康夫原作のミステリー小説・浅見光彦シリーズ。
主人公の浅見光彦が東京都北区在住ということをご存じだろうか? そして彼が住む街を舞台に、“ミステリーウォーク”なるイベントが毎年5月に開催されている。

ミステリーウォークとは、参加者が探偵となって、配布される「ミステリー手帖」を片手に、ヒントを探しながら街を歩き、謎を解いていくイベント。私の自宅から割と近いということに気づき、参加してみた。
まずは手帖をJR王子駅で入手。この手帖には街の地図と、謎を解く手掛かりとなる小説仕立てのプロローグが書かれており(もちろん浅見光彦が登場)、文章中の数字・文字が抜けた部分を歩いて捜査。パズルのマスに書き込めば、解答となる文章ができあがる。今年は「記憶の中の公園」篇と題され、テーマは公園のようだ。

まず向かったのが平塚亭という老舗の和菓子屋。ヒントがあるわけではないが、浅見光彦の大好物の豆大福が売られているのだ。
店内にはやはり手帖を持った人でいっぱいで、お目当ての豆大福はすでに売り切れていた……ショック! ショーケースに残っていたのは光彦の母が大好物のみたらし団子のみ。
ちょうど近くの旧古川庭園でバラフェスティバルが開催中だったため、いつも以上に観光客で賑わっていたようだ。

その後は霜降銀座・染井銀座という商店街へ。
狭い道幅に大勢の人が溢れていた。さすがに自転車では移動しづらいので徒歩にチェンジ。手帖を見せるとサービスしてくれる店も多い。メロンパン専門店の「メロンパンクラブ」でメロンパンを買い、ラスクを1袋いただいた。焼き立てのメロンパンを食べながら商店街をブラブラ散策、いや捜索。ヒントはやけにあっさりと見つかっていく。ずいぶん簡単だな、こりゃ。が、商店街を出た後、今年のテーマとなっている公園周辺に移動したとたん捜査が難航。道を間違えたり、書き込んだヒントの間違いに気づき何度も引き返すはめに……。「内田先生ごめんなさい、私なめてました」と心の中で謝る私。

あわせて読みたい

  • 「質屋おぢさん」の正体は?

    「質屋おぢさん」の正体は?

  • コネタの記事をもっと見る 2010年5月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース