bit

ラーメンと焼そばの麺、具体的にどう違う?

先日、鍋を楽しんだ後、「シメにラーメンを」と冷蔵庫を探した。だが、肝心の生めんの中華めんが見つからない!
ご飯は食べてしまったし……と思い、ふと見ると、「焼そば袋めん」がある。

ラーメンの中華めんと、焼そばめん。らーめんのほうは表面がやや粉っぽく、焼そばのほうは表面がやや油っぽいなど、厳密には違うけど、鍋のシメに入れるくらいなら案外かわらないんじゃ?
そんな期待を込めて「焼そばめん」を鍋に投入してみたところ、残念ながら、めんはグニャリとしてあまり美味しくない。やっぱり別ものなんですね……。

それにしても、いったいどこが違うのか?
「マルちゃん」ブランドでおなじみの東洋水産に聞いた。
「一般的に、中華めん(ラーメン)と焼そばでは、配合が異なるとともに、中華めんは原料を練って細長い麺状に切ってできあがる『生麺』であるのに対し、焼そばは細長い麺状に切った後、蒸してできあがる『蒸し麺』です」(CSR広報部)
似たような見た目に思えるけれど、言われてみれば、ラーメンの中華めんの品名には「なま中華めん」と書いてあり、焼そばには「蒸し中華めん」とある。
焼そばめんを鍋に入れたら、蒸しめんを煮ることになるから、ぐにゃりとするのも当然だ……。

では、中華めんと焼そばの表面の違いは?
「中華めんは、麺が空気中の水分を吸って、くっつかないようにするために、“打ち粉”をまぶしてあります。焼そばに油がまぶしてあるのは、調理の際、麺をほぐれやすくするためです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク