bit

おなかやお尻の“たるみ”を防ぐ方法

おなかやお尻の“たるみ”を防ぐ方法
ヒップ下部がたわんでいるが、体型に合った機能性ボトムを着用している。
       
30歳を過ぎると「もう、若くないんだな」と痛感する……、というよりもさせられる瞬間が頻繁に訪れるワケで。
まず、運動をすると筋肉痛が2日後に来る。そして、走ると腰が痛くなる。だが一番ヘコむのは、自分のお腹を見た時。この部位だけが、ボコッと膨らんでいるのだ。もう、若くないんだな……。

上記のグチは、男性である私の中での悩み。思うに、女性の方が加齢に対する焦りや落胆は深いのかもしれない。
そこでワコールの「人間科学研究所」が7月13日に発表したのが、「からだのエイジング・ケア方法」。同研究所によると、女性のおなかとヒップの加齢変化にはメカニズムがあるそうだ。

まず、加齢によって大きく変わる部位は主に5つ。「バストが下がる」、「お腹が出る」、「ヒップが下がる」、「ウエストから骨盤近くに脂肪がつく」、「ウエストのくびれがなくなる」といった変化が、女性の体に見られるらしい。

次は、順序について。加齢による体型変化には、法則化されたステップがあるという。
“おなかの形の加齢変化ステップ”に関して言うと、「へそまわりが出てくる」→「下腹全体が出てくる」→「胃の辺りまで出てくる」。
“ヒップの形の加齢変化ステップ”は、「ヒップ下部がたわむ」→「ヒップ頂点が下がる」→「股関節付近がそげ、ヒップが内側に流れる」といった順序で変わっていく。
変化が始まる年齢やスピードには個人差があるものの、変化の順序に関して言えば皆一様にこの流れだそうだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。