review

ミステリ作家我孫子武丸も「参りました」。ドラマ「それでも、生きてゆく」は半世紀に一度の傑作

親「○○(息子の名前)はどうしていますか?」
犯人「寝ています」

声のトーンを文章で表わすのは難しいけれどイメージ的にはこんなノリだ。現実の誘拐事件がいつもそうなのだ、などと言うつもりはない。しかし概ね、刑事ドラマ、犯罪ドラマ――いや、あらゆるドラマ、映画、小説などのフィクションで描かれる人々の会話、行動の多くが、リアルとはほど遠いデフォルメを施されていることは間違いない。そしてそういうドラマばかり観ていると、段々、人間とは、世の中とはそういうものだと思ってしまいがちだ。

「それでも、生きてゆく」は、そういったデフォルメと、つい使ってしまいがちな紋切り型を断固拒否した脚本、演出を毎回毎回貫き続けた希有なドラマだった。
犯罪を扱ったドラマとしては、特にプロットに凝っているわけではない。酒鬼薔薇聖斗が起こした第一、第二の事件(金槌で少女を襲った方の)を思わせる少年事件が過去にあり、長い間接触していなかった被害者家族と加害者家族が出会ったことによって新たに起きる人々の葛藤を描いた作品だ。幼い娘を殺された家族はどうやって悲しみを乗り越えるのか、加害者の家族は、そして大人になって更正したかに見える「少年A」は果たして今何を考えているのか、そもそも一体なぜ罪のない少女を殺したのか――。どれもこれも重くて、単純にめでたしめでたしと結末をつけられないであろう難しいテーマだ。
正直、この設定に惹かれて観始めはしたものの、最初の数回は「こんな難しいテーマではそうそう納得できるドラマにはならんだろうな」と期待半分、ダメ出しする気半分で観ていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。