review

中学生がベストな年齢〈映画「スイートプリキュア♪」制作者インタビュー3 梅澤淳稔プロデューサー後編〉

梅澤 「ハートキャッチ」は苦労しました。次なにでいこうって(笑)。「フレッシュ」のときにモチーフにしながらもフィーチャーできなかった「お花」と、人気があった「ファッション」を掘り下げました。
――ファッション部がすごい活躍していましたよね。えりかはいいキャラだったなあ。
梅澤 あと、「フレッシュ」はそれまでの「プリキュア」よりもストーリーを重くしたけど、子どもたちは割とついてこられた。もっとやってみようと、「心」をテーマに。
――人々が抱えている悩みを敵に利用され、怪物になる。それをプリキュアたちが救う。
梅澤 けっこう重いんですよね。だから、キャラクターの雰囲気を柔らかくするために馬越嘉彦さんにキャラクターデザインを頼み、ギャグも多くした。長峯達也監督の演出センスも欠かせなかった。
――第一話を観たときに「敵側にプリキュアがいる!」って驚きました。
梅澤 ヒントになったのは「映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」なんです。「鏡の国」のテーマは「1秒前より成長している自分」。そのアンチテーゼとして、1秒前につくりだされたプリキュアのコピーであるダークプリキュアたち。「鏡の国」のダークプリキュアが「ハートキャッチ」のダークプリキュアに活きているんですよ。


ハミィはまったく揺るがない存在

――そして「スイートプリキュア♪」に。
梅澤 もう無理って。
――む……?
梅澤 次のモチーフはどうしよう~! ってなったときに「じゃあ音楽をやろう」って自分で決めました。でも、ほんとうはやリたくなかったんです!...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年11月4日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース