review

「009 RE:CYBORG」は押井守に届かなかったラブレター

「009 RE:CYBORG」は押井守に届かなかったラブレター
それは神山健治監督が、押井守監督に向けて書いたラブレターのはずの脚本だった。現在公開中の『009 RE:CYBORG』は石ノ森章太郎の未完の大作に独自のアレンジを施し、「神とは何か」というテーマに挑んだ意欲作。それが生まれるまでには様々なやり取りがあったのです。『アニメスタイル002』と『文藝別冊 神山健治』のロングインタビューも必見。
「今回の『009』はそもそも押井さんが監督して、僕が脚本を書くということが早い段階で決まっていた。なので、最初は押井さんへのリスペクトというか、ラブレターのつもりで書いたわけです」
『アニメスタイル002』で、『009 RE:CYBORG』の監督である神山健治はそう語りました。
 
現在、映画『009 RE:CYBORG』が上映中です。
何と言っても見所はその3D映像美。
ピクサーなどで見られる海外のリアル路線3Dではなく、完全にセル画に寄せた3D映像作りで徹底しており、極めて日本アニメーション的。制作は3D制作スタジオのサンジゲン。
通常の3Dアニメと違い、1秒あたり8枚の絵で動く日本セルアニメにあわせたことで、3Dの違和感なくいつも見ているアニメーションのような映像になっています。
3D立体映像としても公開されており、そちらのほうがアクションシーンは楽しめます。

いやー、魅せ方がめちゃくちゃうまいんだ。
009といったらサイボーグですよ。サイボーグの活躍が見たいじゃないですか。
特に009、島村ジョーといえば加速装置ですよ! 自分だけ周囲よりも何倍も早いスピードで動く特殊能力。
3Dであることを最大限まで生かしながら、グルングルンと視界を回し、ジョーの活躍を描きます。
その他のキャラクター達はデザインも性能も大幅に、スクリーン映えするように大胆にアレンジ。
とんがりっ鼻の002ことジェットは見た目もがらっと変わり、イカしたアメリカ人に。ジョーとの確執を持ったまま苦悩する音速ジェットサイボーグっぷりが描かれます。

あわせて読みたい

  • 「崖の上のポニョ」は死後の世界なの?

    「崖の上のポニョ」は死後の世界なの?

  • 碇ゲンドウが笑顔でヒゲを剃っている理由。エヴァンゲリオンの販促力を検証

    碇ゲンドウが笑顔でヒゲを剃っている理由。エヴァンゲリオンの販促力を検証

  • 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編」はTV版のダイジェストじゃない

    「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編」はTV版のダイジェストじゃない

  • 「あしたのジョー」「ガンバの冒険」の天才アニメーション監督『出崎統の世界』

    「あしたのジョー」「ガンバの冒険」の天才アニメーション監督『出崎統の世界』

  • レビューの記事をもっと見る 2012年11月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース