review

日本酒で悪酔いしたくなければお燗にして「もっとも~っと日本酒を知りたいっ!」イベントレポ

今回の講義では10蔵20種以上のお酒を飲みながら、奥深き日本酒の世界を丁寧に指南していきます。
といっても、いきなり飲める訳ではありません。
悪酔いしないためには、肝臓の働きを助けるための「水」(いわゆるチェイサー、日本酒の場合は「和らぎ水」)がいかに大切か、という座学から始まっていきます。
そしてようやく各テーブルに並べられた3種類のお酒。
<川中島・純米にごり酒><川中島・幻舞 純米吟醸><川中島 幻舞 吟醸>
同じ蔵が、同じ米で作った日本酒の違いを味わうことから、日本酒の適切な飲み方や選び方、製法や材料の違いで生まれる微妙な差を学んでいくのです。

今回の講座で特に目から鱗だったのは日本酒と「温度」の関係性。
よく、「日本酒を冷やで飲んだら悪酔いする」なんてことを言ったりしますが、あれはてっきり、冷やだとツルツル喉ごしよろしくたくさん飲めてしまうからだと思っていたら大違い。
体温より温度の低いお酒は、体の中で体温と同程度に温められてからようやくアルコールが吸収されるんだとか。
つまり、(1)飲んだお酒の温度が低ければ低いほど体内で温まるのに時間がかかる→(2)なかなか吸収が始まらない→(3)まだ酔っていないと思ってしまう→(4)だからもっとお酒を飲んじゃう→(5)酔ってきたな、と思ったときには既に体の許容量以上のお酒を飲んでいて→(6)悪酔する という悪循環が生まれるのです。

そんなわけで、お酒に弱い人、そして悪酔いしたくない時には、お燗にして飲むと酔いが早くまわり、結果、適量以上のお酒を飲まなくて済むことになります。

あわせて読みたい

  • 「カンパーイ!」で始まる授業、自由大学「入門日本酒学」で酒が飲めるぞ学べるぞ

    「カンパーイ!」で始まる授業、自由大学「入門日本酒学」で酒が飲めるぞ学べるぞ

  • 『美味しんぼ』常識はもう古い!?  日本酒ってどう選べばいいの?

    『美味しんぼ』常識はもう古い!?  日本酒ってどう選べばいいの?

  • 日本酒界のボジョレー・ヌーボー、立春朝搾りがうまいのなんのって

    日本酒界のボジョレー・ヌーボー、立春朝搾りがうまいのなんのって

  • どぶろくなのにしゅわしゅわ美味しい! 解禁日を迎えた「十二六」を確実に買う方法

    どぶろくなのにしゅわしゅわ美味しい! 解禁日を迎えた「十二六」を確実に買う方法

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年2月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース