bit

動物園の動物が違って見える!エプソン賞を受賞したハヤシユタカ氏の動物写真

動物園の動物が違って見える!エプソン賞を受賞したハヤシユタカ氏の動物写真
シマウマ(撮影:ハヤシユタカ)
幻想的なシマウマの写真である。ハヤシユタカさんが撮影した動物の写真が、横浜で開催されたカメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」内の写真展「御苗場」(写真家・テラウチマサト プロデュース)でエプソン賞を受賞した。普通の動物の写真とは違って、どこか人を立ち止せる力のある写真の数々。早速、ハヤシユタカさんにお話を伺った。

――なんだか、思わず見入ってしまう写真ですね!
「2003年にデジタル一眼レフを買った時から、よく練習として動物園に写真を撮りに行ってたんです。初めは動物をかっこよく撮るということでしたが、次第に動物たちが一瞬見せる表情を見るうちに、綺麗に写すというよりも動物それぞれの感情をうまく表現しようというように意識するようになりました」

――写真のタイトルを「言葉のない対話」にしたのは?

「動物園といえば、普段見れない動物たちを見に行くためのレジャースポットで、家族連れの人達が子どもたちとたくさん来ていますが、何度も通っていると珍しさとかではなく、限られた空間で動物それぞれ何を考えているのか?などを考えていくうちに、『対話』をしているような感覚になってきたので、『言葉のない対話』というタイトルにしました」

――背景が黒いこともあって、神秘的な写真に見えますね。
「動物にはそれぞれカラフルな模様がありますが、個々の表情をより強く感じ取って欲しかったので色情報を排除していきました。といってもモノクロにしたのではなく、若干のカラー情報を残すことによって、動物たちの質感を出すことを何度も印刷して試しましたね」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年2月15日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース