bit

福島弁、広島弁をしゃべる冷蔵庫の動物

福島弁、広島弁をしゃべる冷蔵庫の動物
癒しの方言をしゃべる冷蔵庫保存型ガジェットシリーズ『Fridgeezoo HOGEN』(ソリッドアライアンス)の「福島弁」のシロクマ(上)と「広島弁」のアザラシ(下)
あ~、今年の夏もすごく暑くなりそう~な予感。少しでも涼しい気分を味わいたいもの。やっぱりそんなとき頼りになるのは冷蔵庫の冷たい飲み物だったり、食べ物だったり……。そこで、以前に何度か紹介したことがあるが冷蔵庫保存型ガジェットというもので、冷蔵庫の閉め忘れを防ぐメッセージや癒しの言葉をかけてくれる! で、今回はそんな役に立つ彼らにまたまた新しい仲間が加わった。それは、何と方言でメッセージを伝える牛乳瓶型の動物たちだ。

癒しの方言をしゃべる冷蔵庫保存型ガジェットシリーズ『Fridgeezoo HOGEN』(ソリッドアライアンス)。全国各地の冷蔵庫に住み始めたFridgeezooたちが時を経てその土地の方言をしゃべるようになったというストーリー設定。これまでにシロクマ(鹿児島弁)、ペンギン(京都弁)、セイウチ(沖縄弁)、アザラシ(岩手弁)たちが登場しており、さらに「福島弁」のシロクマと「広島弁」のアザラシが増えることになった(7月中旬出荷予定)。

例えばシロクマは「待ってだがんね~」「ぶつけてぶんず(青たん)になんねぇように気をつけでね」「ごせっぱらやげっから(腹立つから)早ぐ閉めて!」、アザラシは「お疲れさん、会いたかったんじゃけぇね!」「今日も頑張らにゃいけんよ」「そろそろ閉めんちゃい。もう、たいぎいわぁ(だるいわぁ)」ってな感じ。

さらに「ゲップ機能」を搭載しており、頭のコルクのようなボタンを押すとゲップやくしゃみをさせたり、喋るのを止めることができるという便利(!?)さが加わった。なお、シロクマのボイスは福島県いわき市出身の木村世治(ZEPPET STOREのボーカル、etc…)、アザラシはmarhy(シンガー、作曲家、etc…)がそれぞれ担当。両方ともとても和やかで優しい方言の発音が魅力である。

あわせて読みたい

  • 甲州弁の教科書!? 自費出版が売上ランキング1位に

    甲州弁の教科書!? 自費出版が売上ランキング1位に

  • U字工事がお送りする『とちぎかるた』

    U字工事がお送りする『とちぎかるた』

  • 青森弁全開で悩殺!? 松山ケンイチのCM

    青森弁全開で悩殺!? 松山ケンイチのCM

  • コネタの記事をもっと見る 2013年6月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース