review

「紅の豚」の宮崎駿はパンツ半脱ぎなのか 庵野秀明が「もうダメ」と言った理由

「紅の豚」の宮崎駿はパンツ半脱ぎなのか 庵野秀明が「もうダメ」と言った理由
この欲望のカットを宣伝に持ってくるあたり、実にわかってる! 宮崎駿引退のニュースにあわせて急遽放映されることになった『紅の豚』。宮崎駿の中にも、また弟子とも言える庵野秀明の中にも、『紅の豚』へのエンタテイメント性とむき出しになっていない欲望の葛藤という、複雑な思いがありました。
宮崎駿が長編映画を引退する、というニュースにあわせ、今晩は急遽『紅の豚』が放映されます。
とはいえ、宮崎駿は毎回フルスイングすぎて、引退話が常に出ているので、色々考えてしまうのですが。

そこにきての『紅の豚』。
だよね! ここで流すのは、ラピュタでもトトロでもパンダコパンダでもわんわん忠臣蔵でもなく、『紅の豚』しかないでしょう。
軍事ネタこそが、宮崎駿の「裸」の部分ですから。

●ミリタリーへの興味
『紅の豚』の原作は、モデルグラフィックスで連載していた『宮崎駿の雑想ノート』の中の『飛行艇時代』。完全な趣味の連載でした。
宮崎駿は常に表と裏の2つに挟まれていました。
表側は、自然を愛し、人が生きることを謳う、エンターティナー。
裏側は、軍事への興味関心が高いミリタリーマニア。
表裏一体なのですが、映画にするとなると非常に難しい。

「僕は、政治的には再軍備も反対だったし未だにPKOも反対な人間なんですけれど、軍事的なことについて、一貫して興味を持っているんですね」
「それで、まあ不思議なことがいっぱいあるわけです。なんて愚かなことをするんだろうってなようなことがね。それを何十年もやってますと、雑学って溜まってくるんですよ。で、溜まってくると出したくなりますから、その妄想を描いて……(笑)」
(アニメージュ95年12月号)
「戦車に限らず軍事一般は人間の暗部から来るものなのだ。人類の恥部、文明の闇、ウンコだゲロだ」「ウームおもしろいなんという愚かさだ……」...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年9月6日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース