ファッション誌などでよく「パリジェンヌのような……」という言葉を見かける。これに限らず「オシャレ」というイメージを伴って、しばしばフランスは登場するが、実際のフランス人は本当にオシャレなのだろうか。

EU各国を比較しても、実はフランス人は特別、服にお金をかける国民ではない。INSEE(仏国立統計経済研究所)が出した2009年の統計によれば、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、英国の家計消費を比べた時に、ドイツ(+12%)、イタリア(+51%)、英国(+44%)はEU平均より服飾にお金をかけていたが(スペインは平均と同等)、フランスは平均より5%少なかった。一方でフランス家計の総消費額はEU平均より13%高い。つまり全体の消費額は多いものの、洋服代にはお金を使わないのだ。

確かに街中を見渡しても、ジーパンに無難なトップスを合わせ、冬はとりあえず黒を着ている人が多く、統計の結果と比べても納得できる。ただしシンプルな服装を好む代わり、フランス人はレジャー・文化費(+20%)や健康のため費やす額(+19%)はEU平均より高い。芸術やスポーツに触れる機会を生活に取り入れる人は多い。

もちろん高い服を買うことだけがオシャレの度合いではない。選び方や着こなしのセンスこそ大事なポイントだろう。そこで日本と比べた時に、フランス人の服装への気の使い方はどうだろうか。

パリの服飾関係者に聞いてみると、フランス人より日本人の方が平均して服装に気を使っている人が多いイメージだという。ただしフランスと日本では、オシャレの考え方は少々異なる。