また、非常に重要な問題として、ゲームをクリアするために必要不可欠な重要アイテムを手に入れるために城からの座標が必要になるのですが、どこにあるかの情報と今自分がどこにいるかを教えてくれるアイテムからの情報とで、半歩換算と全歩換算でズレが生じているという点があります。

また、iPhone5sの場合は特に、最初にパッドが配置されている位置が悪いということもあげられるかもしれません。画面の左下にあるのですが、左手でそのまま親指がパッドに位置するように持ってみると、実に持ちにくいのです。iPhone5sの縦長の機体のせいで、重心の位置と離れているからでしょうか。

バーチャルパッドは「さくせん」の「せってい」で大きさと位置を変更することができます。個人的にはまんなかに配置して、「大」にするのが右手でも左手でも操作しやすかったので、そのようにしています。手の大きい人は、左手で遊ぶときは右に、右手で遊ぶときは左に配置する方がいいかもしれません。

ちなみに決定ボタン兼調べるや話すができる便利ボタンは画面に表示されていません。パッドの真ん中をタップするか、画面内のどこかをタップすることで押せるようになっています。最初に画面内のどこでもということに気づかなかったのと、パッドの大きさが小さかったため、これを押すのにも非常に苦労しました。

・全体的にもっさりしている

メッセージの表示速度は8段階から選ぶことができるのですが、これを1番早くしてもあまりテンポ良くメッセージが表示されません。特に戦闘終了時には、次の表示が出てくるまでに一拍おいた感じになります。

この記事の画像

「賛否両論。スマートフォン版ドラクエは実際どうなのか検証してみた」の画像1 「賛否両論。スマートフォン版ドラクエは実際どうなのか検証してみた」の画像2 「賛否両論。スマートフォン版ドラクエは実際どうなのか検証してみた」の画像3