review

今夜金曜ロードSHOW「風の谷のナウシカ」宮崎駿スケベ説を鈴木敏夫Pが今ごろ言い出す

『千と千尋の神隠し』の冒頭の両親が豚になって、千尋が街をウロウロするのをカメラが俯瞰で追いかけるシーンを、“あれってなんですか?”と問いかけ「ストーキング的な視点ですか?」という応答を受けて、“江戸川乱歩でしょう! ボクは「こんなものを世に出していいんだろうか」って思った。だって公序良俗という観点からいったら「いかがなものだろうな」って思いましたよ。あの目線ってそれでしょ。簡単に言うと、いたいけな娘を閉じ込めておいて、それをみんなでいびって上からカメラで撮ってるってことでしょ?”
『千と千尋の神隠し』は、監督本人が“「今の世界として描くには何がいちばんふさわしいかと言えば、それは風俗産業だと思うんですよ。日本はすべて風俗産業みたいな社会になってるじゃないですか」”とも発言していて、“娼館を舞台にした物語”と解釈もできる(→今夜金曜ロードSHOW「千と千尋の神隠し」7つの謎、舞台はほんとに風俗産業!?)。
鈴木さん、暴走して、『ハウルの動く城』『耳をすませば』も、エロス視点で解説しまくり。
『紅の豚』を“「中年のジジイが両手に花」って話”だと指摘し(たしかに、ジーナに惚れられていて、さらに若い娘のフィオといちゃいちゃする映画では、ある)、プロデューサーとして困ったと告白する。
“「これ、若い男の子は観てくんない」と思ったんですよ。だってジジイがいい思いする映画だもん。”

ううむ。長年、宮崎駿監督と共に映画を作ってきた鈴木敏夫プロデューサーが言うと説得力がある、というか、たしかに話していることはもっともだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。