bit

中野坂上の風はなぜ強いか、「風工学」的に考える

中野坂上の風はなぜ強いか、「風工学」的に考える
風洞実験用に作られた、街の模型(※東京工芸大学工学部)。
東京・中野坂上の駅前を通ると、たいていいつでも風が強く、強風の日には吹き飛ばされそうになったり、雨をともなうときには傘が裏返ったりする。

汐留やお台場など、海に近い街の風が強いのはわかるし、「ビル風」は、もっと高層ビルが建ち並ぶ街をイメージするけど、大きなビルがいくつかあるだけの場所で、なぜ強風が起こるのだろうか。
文部科学省グローバルCOEプログラム「風工学・教育研究のニューフロンティア」、文部科学省共同利用・共同研究拠点「風工学研究拠点」として採択されている東京工芸大学工学部・風工学研究センターセンター長の義江龍一郎教授に聞いた。

「ビル風の問題は高層ビル街特有のものというイメージがあるかもしれませんが、西新宿などは、昔ほど風が強くありません。理由は、高層ビルがたくさん建ったためです」

実は高層ビルがたくさんある場所の場合、他のビルが風をせき止めてさえぎるため、風はあまり入り込まないそう。実は、高層ビル街より、低層住宅街の中にポツンと高層ビルが建つときのほうが、ビル風は起こるそうだ。

大規模建物を建てるとき、周辺環境への影響を予測・評価しなければいけない。これを「環境アセスメント」と言い、対象となるのは東京都では高さ100メートル以上、延床面積10万平米以上の建物のときで、中野坂上駅前のビルは延べ床面積が基準以下のため、対象外らしい。

では、一般的には、ビル風の予測はどのように行われるのか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月27日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。