石原さとみの小悪魔っぽさが炸裂して、目が離せない「ディア・シスター」(フジテレビ木曜22時〜)。

10月16日放送の第1話では、床に色っぽく寝そべる石原さとみ、紫のストッキングの中にパンツを残した場面が出て来て、そのあと、白いキャミ(たぶんパンツはいてない設定)お姉ちゃん(松下奈緒)に抱っこの石原さとみ、生足むきだしでソファに寝転がる石原さとみ、バナナもぐもぐくわえる石原さとみ、お姉ちゃんの婚約者(平岡祐太)とベッドに入っている石原さとみ、黒いキャミソール(どのキャミも少女ぽいコットンな感じもいい)の石原さとみ・・・とこれでもかと妄想刺激ショットが登場した。

23日放送の第2話では、ソファにS字を強調して横たわっている石原さとみ、キャバ嬢になってお客さんに甘えまくる石原さとみ、浴衣で先生(田辺誠一)を誘惑、濃密キスする回想シーンの石原さとみ、棒付きキャンディーをなめる石原さとみ・・・と妄想刺激ショットはとどまるところを知らない。

清純そうなイメージだった石原さとみが、近年めきめき色っぽくなって、男をたぶらかす悪女のような役をやるようになってきた。言ってみたら、マグダラのマリア化(聖女だけど娼婦だったと言われてる)してきて、それがめっぽう魅力的だ。

石原さとみの成長が加速化しているドラマ「ディア・シスター」とは、どういうドラマなのか?  簡単に説明すると、高校時代にワケあって(先生との関係が原因らしい)、卒業後いなくなってしまったきり何年も音沙汰のなかった美咲(石原さとみ)が、突然戻ってきて、生真面目な姉・葉月(松下奈緒)の生活をかき回す。