bit

自分の部屋の壁が壊された! 日本ではありえない!? パリの住宅トラブル

       
フランスは変だ。日本が変なのかもしれない。とにかく現地で生活していると、日本のスタンダードと異なることに多く出合う。その中で特に困るのが家の問題だ。実際に出くわしたトラブルを紹介してみよう。

■窓、扉が閉まらない
フランスの工事業者は日本と比べ全体的に雑だ。特にパリの場合、家を新築するということはあまりなく、昔からの集合建物の内装をリフォームすることが多い。私が今住む部屋は、入居契約後、リフォームしたてで入居したのに風呂場のドアが閉まらなかった。

知人の家はさらにひどく、窓のサイズが外枠に合っておらず、窓が閉じなかった。観音開きの窓を閉じようにも両扉の幅が少しずつ長いので、閉めると山のような形でつかえてしまう。防犯上もまずいし隙間風も入り放題なので、家主に修理を要求したものの、余計な出費を避けたがる家主は乗り気じゃない。直すふりをしつつ日数を稼ごうと、結局同じ計測を3回しに来たそうだ。サイズを図った後も、今度は合うサイズの窓が見つからないと、引き延ばそうとしたので、我慢の限界に達した知人は、訴えると書面を家主に送りつけたら、ようやく対応してくれた。

話はこれで終わりではない。ちょうど良いサイズの窓を見つけたものの、工事業者はそれが元の通り少し大きいサイズだと勘違いしていて、窓周囲の壁を大きめの窓に合うように壊し始めたそうだ。窓のサイズは合っていると説明しようにも、やってきた職人は外国人でフランス語がほとんど通じず……結局窓の外枠は拡張。案の定、持ってきた窓は小さくて収まらず、壊した部分に木の板をはめて、取り繕った。知人の経験に限らず、大なり小なり、フランスで暮らしていると、このような話は多い。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。