bit

「やきそば弁当」北海道民のソウルフードが全国でじわじわ人気上昇の理由

日本国民に愛されてきたカップ焼きそば「ペヤングソースやきそば」(まるか食品)が店頭から姿を消してから早くも1カ月。ペヤングファンからは「ペヤングがない生活なんてポイズン」などと嘆きの声が上がっているが、そんななか急遽カップやきそばファンの救世主として注目されはじめた商品がある。それが、北海道民のソウルフード「やきそば弁当」(東洋水産)だ。
「やきそば弁当」北海道民のソウルフードが全国でじわじわ人気上昇の理由

ネット上では「やきそば弁当首都圏進出説」をはじめ、Amazonの「食品・飲料/やきそば」カテゴリーで「やきそば弁当」が1位を獲得したことなどが取り沙汰されているので、名前くらいは目にした人もいるのでは?

そうはいっても、北海道民以外にはいまだ馴染みが薄い「やきそば弁当」。今回はそんな話題の「やきそば弁当」の魅力に迫ってみよう。

【スープ付きが嬉しい、北海道では超メジャーな食べ物】


「やきそば弁当」とは、東洋水産が製造するカップ焼きそばのブランド名で、販売エリアの北海道では「やき弁」として親しまれている商品だ。「四角いカップ容器の形状が弁当箱に似ていることから」、「弁当」というネーミングになったという。

コクのある液体状のソース、キャベツとソフト食感が嬉しい鶏肉のミンチ、あざやかな青のりと紅生姜のふりかけ……そんないつ食べてもホッとする安定の味わいに加え、「特製中華スープ」が付いてくるのが「やき弁」の特徴だ! 

通常、やきそばの麺を茹でた後のお湯は捨ててしまうが、「やき弁」はそのお湯をスープとして再利用することができるのだ。麺やキャベツのうまみが溶け出したお湯によって他では味わえないスープができあがる。180円というリーズナブルな価格(希望小売価格)も魅力的で、北海道民を中心に幅広い世代に愛されているようだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク