review

みんな植物にやらされている。いとうせいこう原作ドラマ「植物男子ベランダー Season2」16日から

みんな植物にやらされている。いとうせいこう原作ドラマ「植物男子ベランダー Season2」16日から
自己流園芸ベランダ派 (河出文庫) 2004年春から2年間「朝日新聞」紙上に連載された同名エッセーを収録。文庫書き下ろしの「その後」ではベランダでの稲作を満喫している。
4月16日(木)の今夜、30分1話完結のドラマ『植物男子ベランダー SEASON2 BOTANICAL LIFE OF VERANDAR』(NHK BSプレミアム)がスタートする。
都会の片隅のマンションでひっそりと暮らす中年のバツイチ男。自称「ベランダー」。ベランダで植物を育てるのを無上の喜びとしている。庭じゃないからガーデナーじゃない。

植物でNHKと言えば『趣味の園芸』あたりを想像するが、ベランダーの世話はかなりいい加減だ。
水さえやっときゃなんとかなると思っている。食後にタネがあればとりあえず植える。ベランダに隙間なく鉢を詰め込む。枯れたら置き場所のせいにする。それでいて、しおれれば心を痛め、花が咲けば狂喜乱舞する。

ベランダーが翻弄されるのは植物ばかりではない。図々しい隣人の植物学者(古舘寛治)、盆栽の道に誘惑する盆栽マニア(松尾スズキ)、ベランダーが思いを寄せる花屋の店員(岡本あずさ)らが、植物を介してベランダーの日常に入り込む。

シーズン1でも受難の日々を送ったベランダー。勘違いした植物女子にスタンガンを押し当てられる。植木市で謎の女にナマズを売られそうになる。植物好きのヤクザに「植物しりとり」を挑まれる。シーズン2では謎のラッパーmc;ShockBootsが登場するらしい。俺はただ植物とひっそり暮らしたいだけなのに。


原作はいとうせいこうのエッセー『ボタニカル・ライフ』『自己流園芸ベランダ派』

あわせて読みたい

  • 日本近代文学もロシア文学もアメリカ文学もゲーム。ゲームを題材とした小説セレクト10

    日本近代文学もロシア文学もアメリカ文学もゲーム。ゲームを題材とした小説セレクト10

  • レビューの記事をもっと見る 2015年4月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。