bit

日本の料理道具が海外で絶賛されているワケ

       
近年日本の料理道具の人気が世界的に高まってきています。もともと日本の包丁の切れ味は海外のシェフの間でも評価が高かったのですが、最近は包丁にとどまらず、広く日本の料理道具が高い評価を受けているというのです。

日本の料理道具が海外で絶賛されているワケ
包丁を筆頭に世界中で評価の高まる日本の料理道具。その広まりに日本人料理人たちのグローバルな活躍が一役買っている。


「日本の料理道具は仕事が丁寧にほどこされている上に、サイズ展開がきめ細かく行われているところが受けているのだと思います」
近年パリを始め、海外でも展示会を行うことの多い創業明治41年の合羽橋の老舗料理道具店・釜浅商店4代目店主の熊澤大介氏は言います。

日本の料理道具が海外で絶賛されているワケ
創業明治41年、合羽橋の老舗料理道具専門店・釜浅商店4代目店主の熊澤大介氏。


「僕ら日本人からすると当たり前に思えることでも、海外の人から 驚かれることは多いんですよ」
たとえば釜浅商店では80超種類・1000点超の包丁を取り扱っています。これは外国人でなくとも驚きの品揃えですが、包丁に限らずボウルやザル、バットも展開の豊富さが驚かれるといいます。こうした品揃えに代表される「親切さ」が受けているのではないかと熊澤氏はいいます。

そうした日本の道具の「親切さ」が世界中に広まっていっている影には、実は日本人料理人の活躍があるというのです。
「今、世界中の有名レストランのキッチンで活躍する日本人が本当に多いんです。彼らが使っている使っている包丁を仲間の料理人が使ってみて『よく切れるな』と驚いて興味を持つことがあるみたいです」

日本の料理道具が海外で絶賛されているワケ
撮影: Eric Giraudet de Boudemange


熊澤氏によると、和包丁と洋包丁は根本的な考え方が違います。和包丁は「刺身を引く」という表現に代表されるように鋭利な刃先を水平に動かすことによって繊維を潰すことなく繊細できれいな断面で切るのに対し、洋包丁は肉などを垂直にダイナミックに断ち切ります。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月2日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。