90s

「僕は死にましぇ~ん」昔のドラマで流行った印象的なセリフは?

ドラマからは毎年、さまざまな流行語が生まれます。たとえば近年では半沢直樹の「倍返し」やあまちゃんの「じぇじぇじぇ」などが挙げられるでしょう。では、1990年代のドラマからはどのような流行語が生まれたのでしょうか。今回は実際に流行語大賞で受賞したドラマ発の流行語を紹介していきます。

【意外と少ない? ドラマの流行語】


■1991年 「僕は死にましぇ~ん」
「僕は死にましぇ~ん」昔のドラマで流行った印象的なセリフは?

これは1991年に放映された月9ドラマ『101回目のプロポーズ』でのセリフです。再び恋人を失うことを怖いと告白する浅野温子演じる薫の前で、武田鉄矢が演じる達郎がダンプカーの前に飛び出します。そしてギリギリのところでダンプカーが止まった後、達郎は「僕は死にましぇ~ん、あなたが好きだから!」と叫びます。このシーンはスタントマンなしで武田自ら演じたことでも話題になりました。

■1992年 冬彦さん
「僕は死にましぇ~ん」昔のドラマで流行った印象的なセリフは?

TBS系列『ずっとあなたが好きだった』で佐野史郎が演じた役名から由来します。このドラマは元々、賀来千香子が主演のもので、そこまで大きな話題になるような要素はありませんでした。しかし、佐野が演じたマザコンの男性「冬彦さん」がかなり強烈なインパクトを残して、最終回視聴率は34.1%を記録しました。
当時のプロデューサーいわく、当初の佐野史郎の出番は少ない予定でしたが、評判になったために大きく台本を変えて冬彦さんの出番を増やしたそうです。

■1994年 「同情するならカネをくれ」

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月2日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。