bit

なぜ今パリでイチゴ栽培が広がっているのか?

パリでイチゴ栽培が広がっていることを皆さんはご存じだろうか。パリ市とパリ経済開発局による都市緑化政策「革新的な緑化プロジェクト」の中で、無土壌の「パリイチゴ栽培プロジェクト」が進められているのだ。

パリでイチゴが栽培される理由


しかし、そもそもなぜイチゴなのか? じつはこのイチゴ栽培プロジェクトは、都市緑化政策として仏ハイドロポニックス協会から提案を受けて、パリ市で始められたもの。仏ハイドロポニックス協会とは、2008年に作られた無土壌栽培技術と、それによりコスト削減および生産性の向上に努め、都市における食の安全などについて研究を行う団体である。賛同する企業などを集い、都市緑化の一環としてイチゴ栽培が行われている。
なぜ今パリでイチゴ栽培が広がっているのか?


実際に行ってみた


実際どのように栽培が行われているのか? 同プロジェクトの参加者の1つ、仏百貨店ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店で、その様子が見られるということなので行ってきた。

ギャラリー・ラファイエットは仏国内に64店舗を展開するフランスを代表する百貨店。市内中心部オペラ座(パレ・ガルニエ)の裏手にあるパリ・オスマン店は、外国人観光客が訪れるパリのショッピング・スポットとして有名である。買い物客でごった返す館内を上って屋上へ出ると、広大なテラスとともに、垂直緑化された壁面が広がっていた。
同店では、2015年3月初旬から翌16年10月まで、1000平方メートルある屋外テラスでイチゴ、ラズベリー、食用花、ハーブなど2万1000株を栽培している。収穫した旬の作物は、プロジェクトに賛同するパリ市内の飲食店に運ばれ、食材として用いられるという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク