90s

「ID野球」で革命を起こした ヤクルトの全盛期を振り返る!

「ID野球」で革命を起こした ヤクルトの全盛期を振り返る!
昨年優勝を果たしたヤクルト・スワローズ。そのヤクルトの黄金期ともいえる野村監督時代を振り返りたい。

野村克也の監督就任


野村が就任したのは1989年。就任当時のヤクルトは明るく家族的な雰囲気のチームであり、暗いイメージのある野村の就任には批判的な声が上がったそう。

しかし野村は「ID野球」というデータ野球で選手たちを指導。キャンプでは連日練習終了後にミーティングを行い、レポートを選手に提出を義務付けデータの大切さを説き続けた。
このことがヤクルトを黄金期に導くことになる。

古田敦也の入団


この「ID野球」の中心となり、黄金期を支えた選手こそが古田敦也だ。野村が監督に就任した年のドラフトで指名を受けた古田に野村は徹底指導。野村は常に古田を傍に座らせて、捕手としての手ほどきをし続けた。
守備面だけでなく、古田は入団時に評価されてなかった打撃でも才能を開花。大卒社会人初の2000本安打を達成するなど歴代有数の捕手へと成長した。

野村野球を支えた選手たち


古田以外に野村ヤクルトを支えた選手といえば、広沢克実、池山隆寛の「イケトラコンビ」。野村就任以前から打力に定評があったが、野村の指導によってさらに実力を伸ばす。
広沢は1991年、93年に打点王を獲得、池山は1990年に遊撃手として史上初の3割30ホーマーを記録するなど中心打者としてヤクルトを支えた。

投手陣の方では、川崎憲次郎、伊藤智仁、石井一久、岡林洋一、西村龍次、高津臣吾などの若い投手が台頭。特に抑えに抜擢された高津は野村から「シンカーを覚えろ」と指導を受け、実際にシンカーを決め球とした名抑え投手へと成長した。

野村克也、悲願の日本一に


野村が就任した翌年のシーズンは5位とすぐに結果は出なかったが、翌シーズンは3位とAクラスに進出。
1992年には、巨人や阪神とのデッドヒートの末、リーグ優勝を果たした。日本シリーズでは西武に敗れるものの、翌93年には再戦となった西武との日本シリーズを制し、日本一に輝いた。

野村辞任後のヤクルトは2001年以降、優勝から遠ざかっていたが、昨年に14年ぶりに優勝。今年も連覇の期待がかかっている。
(篁五郎)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。