s90

ドラマーとしても凄かった森高千里 一流アーティストも絶賛!

ドラマーとしても凄かった森高千里 一流アーティストも絶賛!
インターネット上で「おばさんにならない」と言われている森高千里。46歳になった今でも変わらぬ美貌を維持し、20代のアイドルの隣に並んでも遜色ない若々しさと美しさを見せている。そんな森高千里はリアル20代だった頃を振り返っていきたい。

カバー曲がきっかけでブレイクした森高千里


森高千里はポカリスウェットオーディションでグランプリを獲得して芸能界デビュー。糸井重里と一緒にCMにも出演した。
デビュー間もない頃は女優としても活動していたが、後に歌手一本に専念。アルバム「ストレス」で初めて作詞を担当して、音楽関係者から評判を呼んだ。
「ストレス」の後にシングルが南沙織の「17歳」をカバーしたことでブレイク。この時の超ミニスカートの衣装は大きな話題を呼んだ。後に森高の脚には1億円の保険がかけられるなど、美脚=森高千里というイメージが浸透したのである。

森高千里 作詞で評価


当初はアイドル的扱いだったが、音楽活動を続けていく内に作詞でも評価されていった。23歳の時にリリースしたシングル「私がオバさんになっても」は「おばさんになっても私を愛して」という歌詞が女性の共感を呼んだ。また、「渡良瀬橋」では言葉の響きが美しい橋や川を探していた森高が、渡良瀬橋の存在を知り実際に訪れて作詞を行ったという。

ドラマーとしても凄かった森高千里


ドラマーとしても評価が高く、吉田拓郎が「その辺のドラマーよりも全然うまい!」と話すほど。森高と拓郎が出したアルバムでは森高がドラマーとして演奏している。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース