review

二階堂ふみがなんてエロい…映画「蜜のあわれ」

       
(小説「蜜のあわれ」より)

…エローい!どんな妄想力だ、室生犀星!

室生犀星の幽玄美


この映画、登場人物の半数が生身の人間ではない。
金魚の赤子(二階堂ふみ)、老作家の昔の女の幽霊(真木よう子)、老作家の昔の友人・芥川龍之介の幽霊(高良健吾)。

憶測だが、犀星は「能楽」を意識していたんじゃないだろうか。
室生犀星の出身地・金沢はかつて「空から謡が降ってくる」と言われるほど能楽が盛んな地だった。
二階堂ふみがなんてエロい…映画「蜜のあわれ」
江戸時代、加賀藩前田家が能楽を庶民にも推奨。加賀宝生として発展する
イラスト/小西りえこ

能舞台は幽玄の世界だと言われる。
この世ではないものとの対話や存在を愛おしく思う心を「幽玄美」と言うのならば、『蜜のあわれ』は実に幽玄美あふれる映画だった。

室生犀星記念館に行ってきた


二階堂ふみがなんてエロい…映画「蜜のあわれ」
住宅地に突然現れる近代的な建物。2002年オープン

室生犀星記念館は金沢市を流れる犀川のすぐ近く、室生犀星の生家跡に建つ。

1階は常設展。
室生犀星の生い立ちや作品など、わかりやすく知ることができる。

映画に登場する芥川龍之介とは頻繁に互いの家を行き来する間柄。
軽井沢でいっしょに過ごしたこともあったそう。芥川龍之介が自殺した翌年、犀星は住んでいた田端を離れる。

また犀星は動物好きの人物であったらしい。家族も動物が好きで、多くの動物を飼っていた(犬、猫、鳥、虫、リス、金魚…)。生きもののに関する作品も多い。
大田区の家の庭で金魚をながめる写真なども展示されていた。
二階堂ふみがなんてエロい…映画「蜜のあわれ」
室生犀星の字はちまちまっと可愛い。この文学碑は室生犀星記念館から犀川に沿って歩き15分ほどの場所

2階では「蜜のあはれ」企画展を開催中(平成28年6月26日(日)まで)
蜜のあわれに関する原稿や書簡のほか、犀星が金魚の絵で画料を貰った雑誌(「小説新潮」昭和33年6月号)、小説内で老作家が赤子にプレゼントしたタータンチェックの布、幽霊・田村ゆり子のモデルとなった女性の存在などを見ることができる。
映画に関するものの展示は少ないが、興味深かったのは赤子と老作家の衣装。時間の経過につれて変化するのだ。赤子の衣装の丈がシーンごとに変化するのは一目瞭然だったが、老作家の着物の色の変化には気づかずに見ていた。
これから映画を見る方はぜひ衣装の丈や色にもぜひご注目くださいまし。
(イラストと文/小西りえこ)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。