スカートの絶対領域から伸びるアームが、乙女の代わりにスマホやお菓子を持ってくれる

ウェブで毎週配信されている『キン肉マン』が、すごく面白いです。作者のゆでたまご先生の創造性、今、きっとギンギン状態のはず。

ところで、同作に登場するアシュラマンがうらやましいです。なんせ、腕が何本もある。そりゃ、脱出しにくいキン肉バスター(阿修羅バスター)を編み出せるわなぁ……。

コンセプトは「スカートの内部から出現するアームが乙女達を守る」


話題を変えましょう。以前、コネタで『光るスカート』なるニューファッションを紹介しました。
スカートの絶対領域から伸びるアームが、乙女の代わりにスマホやお菓子を持ってくれる

スカートの内側からLEDが光り、絶対領域を照らすというウェアラブルデバイス。結果、“絶対領域”は“こもれび領域”へと進化します。面白法人カヤックに所属するクリエイター・天野清之氏による開発でした。

この天野氏、続編となる「絶対領域拡張計画」第二弾を今月よりリリースしています。その名は『アームスカート』。
スカートの絶対領域から伸びるアームが、乙女の代わりにスマホやお菓子を持ってくれる

コンセプトは、「スカートの内部から出現するアームが乙女達を守る」です。
「前回はLEDを使ったスカート(ファッション)拡張でしたが、『次を作るとしたら絶対にモーターを使ったものにしたい!』と思っていました」(天野氏)
第一弾は“発光系”を手がけ、第二弾は“動力系”と相成りました。
「作りたいと思っているアイデアはいくつもあって、その中で“動力系”のアイデアだったらこれかなと思いました」(天野氏)

本を読みながらお菓子を食べたり、スマホをいじったり、痴漢を撃退したり


当然、気になるのはその活用法です。