bit

日本初の"ライダー専用まくら"を使うと、寝心地は?

「枕が変わると眠れない」と"マイ枕"を持参する人を知っています。旅館とかホテルにある、他の枕じゃダメ。本人の肌に合い、一蓮托生を誓ったお気に入り枕がいい! "マイ枕"は、言わば"自分専用枕"と言い換えることができるかもしれません。

鈴鹿8耐での優勝経験を持つプロライダーが監修


一口に枕と言っても、色々な種類があります。とは言え、こんな枕は聞いたことがなかった。株式会社プレジール(群馬県高崎市)が7月7日より予約発売を開始する『SPEED Air(スピード・エアー)』は、日本初の"ライダー専用枕"だそうです。
日本初の"ライダー専用まくら"を使うと、寝心地は?

この枕の開発には、鈴鹿8耐での優勝経験を持つプロライダー・青木宣篤選手が関わっています。
日本初の"ライダー専用まくら"を使うと、寝心地は?


では、まずは"ライダー専用枕"が誕生した経緯について。
1998年、青木選手は事故により重度のムチ打ちを患い、首が全く動かなくなってしまいました。治癒するまで約10日を要し、治っても2か月後に同じ症状が起こってしまう。しかも、その間隔は徐々に短くなっていきます。
数万円の枕を購入して怪我の改善を願うもすぐに枕は合わなくなり、首痛は再発……。そんな時に同社の枕に出会い、サーキット転戦時の青木選手の必需品となりました。その後、「私以外に困っている方もいるはず!」と青木選手が思い立ち、"ライダー専用枕"の企画が立ち上がったのです。

開発時、プロライダーから山のような要望が


この『SPEED Air』は、実際に枕で悩んだ経験のある青木選手が監修しています。だからこそ開発時、青木選手からはメーカーへ切実な要望の数々が出されました。

あわせて読みたい

  • 眠りの専門メーカーらで結成された、その名も「快眠同盟」!

    眠りの専門メーカーらで結成された、その名も「快眠同盟」!

  • 避難用グッズを収納できる枕

    避難用グッズを収納できる枕

  • ストレス社会のサラリーマンへ、癒し系オバカエログッズ

    ストレス社会のサラリーマンへ、癒し系オバカエログッズ

  • “幸せになる眠り” を提供する「眠り製作所」

    “幸せになる眠り” を提供する「眠り製作所」

  • コネタの記事をもっと見る 2016年6月27日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら