90s

ビビる大木に悪態をついた巨人選手達……その中で異彩を放った桑田真澄の「神対応」

ビビる大木に悪態をついた巨人選手達……その中で異彩を放った桑田真澄の「神対応」
※写真はイメージです
桑田真澄の次男・Mattが今、話題です。本名は桑田将司で、現在22歳。ブライダルモデル兼シンガーソングライターとして活躍しており、その端麗な容姿は、まったくといっていいほど父親に似ていません。しかし、取材応対時の礼儀正しさ、物腰柔らかさは父親譲り。まさに、「この親にしてこの子あり」といったところでしょうか。

この息子を引き合いに出すまでもなく、桑田が“いい人”なのは間違いなさそうです。それはPL学園時代。下は上に絶対服従という"掟"があった中で、後輩たちから「天使」と称されていたエピソードからも窺い知ることができます。
さらにもう一つ、桑田のいい人っぷりを示すエピソードが、今から、10数年前に語られていました。

ビビる大木が語ったファン感謝イベントの一部始終


その話は、2004年1月ごろに放送された『堀内健とビビる大木のオールナイトニッポン』内で披露されました。話し手はビビる大木。彼は熱心な巨人党であり、それが縁となって当時開催されたファン感謝デーイベント『GO GO巨人軍』の司会進行役に抜擢されたとのこと。

大木曰く、この日は、清原和博、江藤智、仁志敏久、阿部慎之助、上原浩治、桑田真澄など、当時の巨人軍を代表するそうそうたる顔ぶれが集結したそうです。長年このチームの趨勢を見守ってきた大木からしたら、まさに憧れのスターと対面を果たすような感覚だったことでしょう。

大木を無視した阿部慎之助と代打の切り札・後藤


あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ビビる大木に悪態をついた巨人選手達……その中で異彩を放った桑田真澄の「神対応」」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    いかにも狭いプロ野球界限定のエリートとして天狗になってる巨人軍の選手の対応だな。正力松太郎の教えなんかナベツネになってからどっかに飛んでいってカネカネカネになったのがよくわかる逸話だ。

    28
  • 匿名さん 通報

    清原はサービス業の人を呼ぶとき、声じゃなく指パッチンで呼んでたな。何様だと端で見てて思ったことがある。

    16
  • 匿名さん 通報

    若い頃からチヤホヤされた芸能人ならばアイドル状態の清原。片や、入団の時からボロカスに叩かれて苦労人・そう、お笑い芸人扱いだった桑田真澄。落ち込んでる人間に優しい声がかけられるのは当然クワタ、だな。

    16
  • 匿名さん 通報

    いい話だが、清原がパクられる前にしてればヒーロー扱いだったものを、記者は小人。そういう意味では大木は語った年代を考えると勇気があるな。放送当時は清原バンザイ・桑田ブーブーだったから。

    10
  • 匿名さん 通報

    芸能人やスポーツ選手なんてヤクザ者。礼儀も何も求める方がおかしい。

    8
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月2日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。