90s

"ホームランキャッチ少年"より酷かった誹謗中傷……過去にMLBで起きた「バートマン事件」とは?

侍ジャパンの快進撃に沸くWBC。その中で、ある「事件」が起こりました。

発端は、第1ラウンド初戦のキューバ戦。1-1の同点で迎えた4回裏、日本の攻撃時のことです。2アウト・ランナー2塁で、続くバッターは2年連続トリプルスリーの強打者・山田哲人。日本中の野球ファンが固唾を呑んで見守る中、山田は見事期待に応え、打球はレフトスタンドへ。文句なしのツーランホームラン!……かと思われましたが、ここでまさかのビデオ判定。結果的に、ツーベースヒットになってしまったのです。

ボールをキャッチした少年は誹謗中傷の的に


理由は、観客の少年が、山田の放った飛球をスタンドから乗り出して捕球したため。「何やってくれてんだよ…」そう落胆したのは筆者だけではなかったはず。

しかし、騒動はこれだけで終わりませんでした。なんと、怒ったネットユーザーたちが、この少年に対する誹謗・中傷をネット掲示板に書きまくり、ついには、TwitterなどのSNSから顔写真や通っている学校などの個人情報を特定して、晒しはじめたのです。
たった一つの、それも悪意などない単なるマナー違反の代償としては、あまりに酷過ぎる仕打ちではないでしょうか。

温故知新ー。私たちは過去から学ばねばなりません。今から13年ほど前。同じように、天高く舞い上がった飛球に心奪われ、無我夢中のままキャッチしたばかりに、悲劇的な人生を送った人物が、遠くアメリカの地に存在することを。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「"ホームランキャッチ少年"より酷かった誹謗中傷……過去にMLBで起きた「バートマン事件」とは?」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    悪い事をすれば報いを受ける。当然だ。バートマンも今回の少年も、場を弁えず我欲に走った結果に過ぎないだけの事。報いに過不足なんぞ有りはしないからな。行いに見合った分だけちゃんと返ってくるのさ。

    7
  • 左巻きより左利き 通報

    「フィールド内の審判は石と同じ」で「スタンド内の観客は蔦と同じ」との意識を観客全体で共有するしかないかな? 捕球されうるのは山田哲人の打球だけではないのだから。

    6
  • 通報

    こういった行為のせいで客席とグランドが離されたらまた批判をうけるよな、身を乗り出してボールとった奴は。再発防止は難しそう。

    4
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月10日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。