スズキが始業前体操分の未払い賃金支払い 「うちの会社も」ツイート相次ぐ
画像はイメージです。

始業前に朝礼や体操などの時間を設けている企業は多いが、自動車メーカーのスズキが、始業前に行っていた体操の時間分の未払い賃金を支払っていたことが発覚した。


労基署が勧告→未払賃金約1000万円を支払い


SankeiBizなどによると、スズキの相良工場では始業前に任意で約5分間の体操、始業後に1、2分の朝礼を実施していた。しかし一部の部署で体操への参加が任意だと伝わっていなかったほか、始業前に朝礼を行っていたこともあるという。
従業員の報告を受けた労働基準監督署が調査を実施し、6月に是正を勧告。これに基づき、従業員約500人に2016年6月から2017年2月分の未払い賃金、合計約1000万円を支払った。

このニュースに、ネット上でも「労基よくやった!」「これはアウトな会社多そう」といった反響が。
また、「うちの会社もやってるよ10分前から体操やら朝礼やら…」「自分の職場も体操と朝礼、無賃金でやってるわ。。。」「始業前ミーティングしてるんだけどこれ未払金もらえないの?」といった声がTwitterで相次いで投稿されている。

工場や建設現場では、業務前の準備運動は欠かせない。2011年に、簡易保険加入者協会の委託で神奈川県立保健福祉大学「健康サポート研究会」が行った調査では、建設・運輸関係業で「社内全体でラジオ体操を実施している」企業は32.8%。「実施している部署がある」「他の体操を実施している」を合わせると、60.7%の企業が何らかの体操を行っていることが判明した。しかし、89.5%が体操を「始業前」に行っているという回答結果だった。