smadan

女性蔑視社員を解雇できるGoogleとできない日本企業の差【勝部元気のウェブ時評】

女性蔑視社員を解雇できるGoogleとできない日本企業の差【勝部元気のウェブ時評】

「テクノロジー業界に女性が少ないのは、偏見や差別によるものではなく、男女の生物学的な違いが原因」と社内文書で主張したGoogleの男性社員James Damore氏が、解雇されるということがアメリカで起こったようです。

CNET Japanの報道によると、解雇の理由としては「ジェンダーバイアスを捨てきれずにいる」という理由のようで、CEOのSundar Pichai氏は、公式ブログに従業員宛てのメッセージを公開して、今回の文書が「行動規範の違反」に相当するとし、「我々の職場において、ジェンダーに関する有害なステレオタイプを助長させてしまい、一線を越えた」と非難しました。


ジェンダーバイアスは血液型占いと同じレベル


一部では「解雇はやり過ぎだ」という声も出ているようですが、もちろんGoogleの判断は私も正しいと思います。詳細は後述しますが、ジェンダーに対する偏見がいかに「危険な思想」であるかを分かっていれば、解雇という判断は決して重くはありません。

逆に、日本の職場では、このような偏見を当たり前に口にして有害なステレオタイプを助長している人は少なくないはずで、企業が解雇という厳格な対応をすることで「働きやすい職場」を作ることができるアメリカの法律をとても羨ましく思ってしまいました。日本は解雇に関する要件がかなり厳しいですが、このような差別や蔑視の事例における解雇については、規制緩和をするべきでしょう。

確かに昔から理系科目は女子が苦手と言われることは多いですが、フランスで2022年に医師の約60%を女性が占めると予測されているほど急速に女性医師が増えている等、近年ヨーロッパを中心に理系の分野において女性が男性を上回る事例が出ています。もちろん「男性は医師に向いていない」という偏見があるわけではないので、生物学的な差というものはないように思うのです。

結局のところ、向き不向きに関しては、性別差よりも個体差による影響のほうが大きいのではないでしょうか? それに万が一男女で多少傾向の違いにあったとしても、教育等の他の変数で簡単に超えられるものであり、「A型は几帳面」のような血液型占いと同じレベルのものでしょう。そのようなことをいちいち発言するメリットは男性にも無いですし、むしろ女性への抑圧を生むというマイナスの影響しかありません。


終わっているのはGoogleじゃなくて日本のネット民


ところが、このニュースに対して、日本のインターネット上でも「グーグルもジェンダー病か、終わったな」「女様優遇か」「女性様を少しでも批判するとこれだ」「もうグーグルは女だけでやってればいいんじゃね」「グーグルも衰退期に移行しつつあるな」等、Googleの対応を批判する声が散見されます。

私としては、ダイバーシティ経営を武器に多様な人材を世界中から集めて時価総額世界2位まで上り詰め、今なお拡大している超優良企業に対して、安易に「終わったな」と言えてしまう神経に心底ビックリしてしまいました。15年前にとっくに終わってしまった人たちの負け犬の遠吠え・恨みつらみにしか聞こえません。天に唾しているようにも見えます。

また、Googleは差別をする人に厳しい態度を取っただけなのに、これを男性に対して厳しい態度を取ったと勘違いする人が多過ぎます。偏見か否か、有害か否かという視点ではなく、「会社は男女どちらかの性別の味方か」という視点でしか物事を見られていないところが善悪の区別がついていないですし、認知がかなり歪んでいると言えるでしょう。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

お買いものリンク