90s

突然テレビから消えた女優・真中瞳の今

突然テレビから消えた女優・真中瞳の今
※写真はイメージです
東風万智子……。

これで「こちまちこ」と読みます。いまだにしっくりこない芸名です。初めてこの名を目にしたのは、今から3年前。『聖母・聖美物語』というフジテレビの昼ドラを、たまたま目にしたときでしょうか。

主人公・聖美役を務めるのは、聞いたこともない珍妙な芸名の女優。しかし、ビジュアルを見てハッとしたのを覚えています。
「真中瞳だ」と。しばらく目にしていなかった彼女が、いつの間にか事務所と芸名を変えていたことに驚きを覚えたのは、おそらく筆者だけではなかったことでしょう。

「電波少年」の企画で認知される


東風万智子こと真中瞳が、はじめて世間から認知された番組は『進ぬ!電波少年』でした。出演した企画は「電波少年的ハルマゲドン」。これは、1999年7月に到来するとされていた恐怖の大王(ハルマゲドン)に備えて、地下シェルターを完成させるというもの。

人類滅亡の危機に前にしてなすべくことといえば、種の保存以外あり得ません。ということで、見知らぬ男女に穴を掘らせ、「果たして恋は芽生えるのか?」との意図も込めて、企画は展開されていきました。
最終的に、シェルターは完成したものの、2人はそこへ入ることを拒否。やはり恋愛感情は芽生えなかったのか……と思いきや、最後は濃厚なキスをしてサヨナラをするという「どっちなんだよっ!」と、視聴者から総ツッコミされる結末を迎えていたものです。

チューヤンとのヒッチハイクで一躍人気者に


あわせて読みたい

  • 末永遥「お前の席ねぇから!!」でお馴染みの女優を覚えてる?

    末永遥「お前の席ねぇから!!」でお馴染みの女優を覚えてる?

  • あの「朝ドラヒロイン」ってどうなった? 最近見かけない朝ドラヒロイン達のその後

    あの「朝ドラヒロイン」ってどうなった? 最近見かけない朝ドラヒロイン達のその後

  • 若手のホープだった爆笑問題 業界から「完全に干された」過去

    若手のホープだった爆笑問題 業界から「完全に干された」過去

  • 多額の借金にドタキャン騒動……日本の映画賞総なめから転落したトップ女優

    多額の借金にドタキャン騒動……日本の映画賞総なめから転落したトップ女優

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年9月9日の90s チョベリー記事
    「突然テレビから消えた女優・真中瞳の今」の みんなの反応 15
    • 匿名さん 通報

      東風万智子は、刑事ドラマ、2時間サスペンスのゲストの常連で、 刑事ドラマ・2時間サスペンスファンはごく日常的に目にする女優。 消えたなんてとんでもない。 ただライターが目にしなかっただけ。

      29
    • 匿名さん 通報

      なによりもこの駄文にはタイトルの”今”がまったく書かれていない。

      22
    • 匿名さん 通報

      2時間ドラマでたまに見るからテレビから消えたとは思ってなかった

      18
    • 匿名さん 通報

      なにこの記事? 言葉の間違いは多いし、ネタは古いし 名前変わってからもう10年ですよ?ドラマだったら脇役でちょくちょく出てますよ。芸能ニュースに一切出てこないだけで。

      17
    • 匿名さん 通報

      小学二年生の作文で原稿料をもらえるこじへいが羨ましいw

      4
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース