review

普通の刑事が国家のせいでひどい目に「ありふれた悪事」にある韓国映画の気骨

身も凍るような自国の暗部に向き合いつつ、サスペンスとしてストーリーを成立させる。『ありふれた悪事』は、現在の韓国映画界の勢いや空気感まで伝わってくるような作品である。
普通の刑事が国家のせいでひどい目に「ありふれた悪事」にある韓国映画の気骨

民主化直前の韓国、捏造捜査の行方は


来年4月に公開予定の『タクシー運転手』でもネタにされている、民主化直前の韓国。ちょうど30〜40年前の話ということで、絶妙にノスタルジーをくすぐる題材なのかもしれない。『ありふれた悪事』もそれに連なる作品で、舞台は1987年。軍事独裁政権の最末期にあたる。

多少手荒だが平凡な刑事であるカン・ソンジン。民主化を要求するデモに手を焼く警察官であり、足の不自由な息子と障害者の妻を支える大黒柱でもある。楽しみといえば近所に住む親友の新聞記者ジェジンと酒を飲むことくらい。韓国を揺るがしている連続殺人犯の捜査は進まず、上司にケツを叩かれる日々を過ごしている。

ある日、ソンジンは大統領直属の治安機関である国家安全企画部の室長ギュナムに呼び出され、そこで別件で逮捕した男が例の連続殺人事件の犯人だと告げられる。捜査資料を渡され、裏付けを取るための尋問に取り組むソンジン。しかし、捜査を進めるうちにこの男はどう考えても犯人ではないことに気がつく。民主化への要求から国民の目をそらすため、国家安全企画部が捏造した犯人逮捕の片棒を担いでいたことを知るソンジンだが、多額の報酬と息子の治療のためには捜査を続けざるを得ない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年12月17日のレビュー記事
「普通の刑事が国家のせいでひどい目に「ありふれた悪事」にある韓国映画の気骨」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「ありふれた悪事」にある韓国の気骨

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース