smadan

日本でも始まったセクハラ告発 #MeToo を潰そうとする黒幕

日本でも始まったセクハラ告発 #MeToo を潰そうとする黒幕

ハリウッドのプロデューサー・ワインスタイン氏のセクハラ告発をきっかけに、SNS上でハッシュタグ「#MeToo」でセクハラを告発するムーブメントが世界中に拡散していますが、日本でも作家・ブロガーのはあちゅうさんが、電通に在籍した頃の先輩クリエイターである岸勇希氏によるセクハラ被害を告発したことで、インターネット上で大きな話題となっています。

実際に、はあちゅうさんと加害者の岸氏双方を取材した「BuzzFeed Japan」の記事を見てみると、彼女が受けた被害は本当に酷い内容です。卑劣なセクハラ・パワハラに対して、勇気を持って証言したはあちゅうさんに、賞賛とエールと感謝を送りたいと思います。


ファーストペンギンに続く「#MeToo」の声


日本は人権意識が希薄で、社会の同調圧力も強く、セクハラ・パワハラがなかなか表沙汰にならない傾向にありますが、はあちゅうさんが口火を切ってファーストペンギンとなったことに、多くの人が勇気づけられ、続々と「#MeToo」の声がインターネット上で広がっています。

たとえば、政治アイドルで大学生の町田彩夏さんは、電通での就職活動面接の際、面接官からセクハラ被害に受けたことを公言しました。また、大学生で実業家の椎木里佳さんも、性的要求を断ったら仕事が無くなったことや、さらにはお酒にレイプドラッグを混入された可能性があると公言しました(これはセクハラよりも準強姦未遂のように思います)。さらに、演出家の市原幹也氏もセクハラをしたことを告発され、謝罪文を掲載しました。

「#MeToo」とスピークアウトするかしないかは個人の自由であり、決して告発しなければならないものではありませんが、社会全体としては今後さらに「#MeToo」の声が広がって行くと良いと思います。そのためにも、私たちは今回スピークアウトした人たちを孤立させてはいけません。しっかりと支援して、加害者に対しては誠実な謝罪と報いを求めて行くべきでしょう。


「#MeToo」を国会で取り上げるべきだ


ただし、SNSにおけるスピークアウトが広がること自体は良いことですが、今回のはあちゅうさんのケースは、加害者も被害者も著名人だからメディアを駆使して社会的制裁を与えられたことも忘れてはなりません。

ネット時代の第一線をリードし続けて大きな発言力を有し、多大なソーシャルキャピタルを有しているはあちゅうさんですら、約8年かけてようやくセクハラと戦う決意ができたということは、それだけ被害者が声をあげることに対して社会的な抑圧がものすごく強いと言えます。

確かにBuzzFeedは素晴らしい仕事をして、岸氏に対して社会的制裁が加えられたと思いますが、本来セクハラ問題は司法がしっかりと対処するべきことです。メディアは加害者も被害者も著名人であるケースでは絶大な効力を発揮しますが、両方または片方が一般の人であるケースではその効力は落ちるため、全ての加害者を処罰するためには司法が変わらないとなりません。

2016年に「保育園落ちた死ね」ブログをきっかけにムーブメントが起こった待機児童問題のように、もっと「#MeToo」のムーブメントを盛り上げて、国会で取り上げられ、国が厳しいセクハラ対策を推進することを望みます。


早速出てくる「victim blaming (被害者叩き)」


このように、「#MeToo」は今後ますます盛り上げて行かなければならないはずなのですが、残念ながら早速この流れを潰そうとする動きが出てきてしまっています。告発した人々に対して様々な「victim blaming (被害者叩き)」を始める人たちが出てきているのです。

たとえば、告発者の粗を探して落ち度があったと責める人や、「お前が〇〇しなければ良かっただけ」と自己責任論を押し付ける人や、「売名」「金儲け」と非難する人が後を絶ちません。また、Twitterで「#MeToo」と検索すると、「嘘松(ネットスラングで「嘘であろうツイート」の意味)」とサジェストが出てくるところが、告発を嘘だと決めつけて被害者を叩こうとしている人がたくさんいることの表れだと思います。

とりわけ、はあちゅうさんが「以前童貞を嘲笑するような発言をした」と非難されているようなのですが、もし彼女の発言に問題があったと思うのなら、発言した際に指摘すれば良いわけです。あえて告発した直後のタイミングで言及する人が急増するということは、「被害者を被害者ではなくしたい」という意図があると思わざるを得ません。

これに関して私のところにも、「あいつは童貞を嘲笑しているし、セクハラ被害を受けるのも因果応報だろ」のような投稿が寄せられました。確かに、岸氏に対して彼女が嘲笑発言を繰り返していたのであれば、当然過失相殺される部分もあると思います。ですが、もちろんそうではないわけですから、完全に別の問題として捉えるべきでしょう。

このように、せっかく「#MeToo」のムーブメントが起こったというのに、「自分たちこそ女性に馬鹿にされてきた被害者だ!」という男性の声が非常に大きくなり、あろうことかTwitter世論は童貞問題にシフトしてしまっています。非常に残念極まりないことです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年12月22日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。