bit

「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた

「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
各地のゆるキャラも参加(左から家康くん、ひこにゃん、直虎ちゃん)

最近ではお城めぐりや城郭めぐりが一大ブームになりつつある。そんななか、「お城EXPO2017」が2017年12月22日~24日の3日間、パシフィコ横浜にて開催された。難しい学問的なあれこれだけでなく、全国のお城にまつわる物が結集するのだという。今年が2回目の開催になるというお城EXPOをのぞいてきた。

開会式にはひこにゃんも登場


「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
さすがはお城EXPO、開会式を見守る人々の半分は鎧姿のみなさん

今回のイベントにはひこにゃんやくまモンをはじめ、各地のゆるキャラも参加していた。日程によって会えるゆるキャラや見られるステージが違ってくる。
ひこにゃんは彦根藩2代藩主・井伊直孝を寺の門前で手招きし、雷雨から救ったと伝わる招き猫がモチーフなので、井伊家とは縁が深いのだとか。

お城の屋根の上に立つVR展示も


「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
松本観光コンベンション協会ブース

「城めぐり観光情報ゾーン」としてブースが並ぶのは日本100名城・続日本100名城に選定された城郭の関連団体で、今回は45ブースの出展があった。
今回驚いたのは、デジタルを使った展示が多いこと! デジタルといっても、普通にモニターに動画を映すというものではなく、スマホやタブレットを利用したVR(バーチャルリアリティ)だ。
「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
VR体験中

松本観光コンベンション協会のブースにあったVRは松本城の屋根の上に立っている体験ができるもので、360度ぐるっと周囲の映像を楽しむことができる。自分の向いた方向へ見ている映像も動く。違和感なく見られて面白いので、いろんなところを向いてみたくなる。
「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
松本城の上から見下ろしているところを体験中

城めぐり観光情報ゾーンではのぞき込むVRを体験できるブースが多かった。お城そのものは残っていない場所でも、VRを使えばバーチャルで体験できるという仕組みは、相性がいいのかもしれない。
カードを使ったAR体験ができるブースもあった。
「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
こちらは株式会社ジーンのブース

カードを読み込むとお城が立体的に表れるというもの。手のひらにポンとお城が現れる。手乗りのお城といったかんじだ。
「お城EXPO」のVR展示で松本城の屋根の上に立つ体験をしてきた
武将バーションもある

現れるのはお城だけではない。手のひらに馬に乗った武将が現れるものも。しかもこの武将、ただ現れるだけではなくどこかに走り去ってしまうのだ。いなくなったと思うと、また手のひらに湧き上がってくる(そして去って行く)。楽しい。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。