review

「ブリムストーン」正視が辛い女性への過酷な差別と暴力、地獄を生き抜くダコタ・ファニングの説得力

重厚長大な年代記形式(しかも4章構成)の映画なのに、片時たりとも画面から目が離せない! 暴力と信仰と絶望、それに多少の希望を入念に組み上げた『ブリムストーン』は必見の一作だ。
「ブリムストーン」正視が辛い女性への過酷な差別と暴力、地獄を生き抜くダコタ・ファニングの説得力

聾唖の女が辿る、差別と暴力の旅路


開拓時代のアメリカ。小さな村で助産師を営む聾唖の女性リズは、年の離れた夫とその連れ子である息子、そして夫との間に生まれた娘と共に暮らしていた。難しい年頃の息子は素直にママとは呼んでくれないけれど、仕事では村から頼られ夫からは愛され、概ね幸せな生活を送っていた。

ある日、村の教会に新任の牧師が現れる。屈強な体と厳しい信仰心を持つ牧師は、村人と共に礼拝に来たリズに対して「汝の罪を罰しなければならない」と告げる。その礼拝で、突如として臨月の女が産気づく。難産となったため、やむなく母親の命を救うために子供を殺して取り上げるリズ。しかし、この事件をきっかけに、リズは村人たちから避けられるようになる。

リズと一家の生活は一変。自宅には子供を殺されたと逆恨みする父親が押しかけ、家畜の羊を皆殺しにされてしまう。さらに牧師は度々リズの家に現れ、一家に危機が及ぶまでに。牧師はなぜそうまでしてリズに執着し追い詰めるのか。果たして牧師は何者なのか。そこにはリズの壮絶な過去が関係していた。

タイトルの『ブリムストーン』は花の名前などにも使われている単語だが、元は「燃える石」を意味する古英語。「Fire and Brimstone」で旧約聖書などに登場する「灼熱地獄(Inferno)」の意味になるという。このタイトル通り、本作はまるで地獄めぐりのような過酷な内容だ。とにかく映画自体の構成がよく練られており、4章構成であることにきっちりと意味がある。というのも、『ブリムストーン』は2章以降リズの過去に遡って「なぜこうなったのか」を掘り返す構成をとっており、その章ごとに時系列が切り替わる仕組みなのだ。2〜3章にかけて、リズが直面したおぞましい過去が明かされることになる。

あわせて読みたい

  • 「ドリーム」が描く宇宙と差別の戦い

    「ドリーム」が描く宇宙と差別の戦い

  • 「ソニータ」はドキュメンタリー映画か

    「ソニータ」はドキュメンタリー映画か

  • 「ワンダーウーマン」天然ボケじゃない

    「ワンダーウーマン」天然ボケじゃない

  • 砂漠版「ゼロ・グラビティ」が面白い

    砂漠版「ゼロ・グラビティ」が面白い

  • レビューの記事をもっと見る 2018年1月9日のレビュー記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。