review

リュック・ベッソン最新作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」はカーラ・デルヴィーニュがとにかく凄え

リュック・ベッソンがコミック原作のSF映画を撮った……。「そんなことやらせて大丈夫か!?」という疑問が湧いてくると同時に、「見、見てえ!!」という気持ちにもなる。結果から言えば、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、往年の『フィフス・エレメント』を思い出す良作でありました。
リュック・ベッソン最新作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」はカーラ・デルヴィーニュがとにかく凄え

いろんな意味で複雑な男、リュック・ベッソン


90年代前半、アクション映画といえばアメリカ映画以外に選択肢なしという時代にヨーロッパ勢として殴り込みをかけ、『ニキータ』『レオン』といった作品で「最近のフランス映画、なんかイケてるやん……!」というムードを確立したリュック・ベッソン。『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』などの大作から『アーサーとミニモイの不思議な国』のようなファミリームービーまで監督し、また『TAXI』『トランスポーター』『96時間』などでは製作も手がけたりと、長年活躍している。

リュック・ベッソンという名前に、複雑な気持ちを抱くマニアは多い。前述のように色々活躍してはいるのだが、ここ15年くらいは正直なところ「どう扱っていいのかよくわからない監督」だったように思う。「この人の映画って面白いの?」と聞かれても「まあ、『レオン』は俺も好きだよ」みたいなボヤけたことしか言えず、だからと言って嫌いにもなれず……。「しょうがねえなあ、ベッソンは!」という印象だった。

しかし、おれは『フィフス・エレメント』が大好きだ。「フランス製SFコミック特有の偏執狂的に描き込まれた絵を動かす」という目的だけに猪突猛進した清々しさ。フランスならではのトラッシュかつエレガントなビジュアルに見とれ、ゲイリー・オールドマンやクリス・タッカーの怪演に爆笑し、「愛は地球を救う」というメッセージに呆然とする。ベッソンが16歳の時に書いたSF小説を自分で監督したという向こう見ずさもチャーミングだ。普通、自分が16歳の時に書いた小説なんか恥ずかしくって見たくもないだろうに……。とにかく『フィフス・エレメント』を撮ったというだけで、ベッソンは偉人なのである。

あわせて読みたい

  • 「ブレードランナー2049」文句ナシ続編

    「ブレードランナー2049」文句ナシ続編

  • 侵略SF「リヴォルト」の圧倒的絵心

    侵略SF「リヴォルト」の圧倒的絵心

  • ガーディアンズオブギャラクシーは必見

    ガーディアンズオブギャラクシーは必見

  • ゴースト・イン・ザ・シェルは攻殻か

    ゴースト・イン・ザ・シェルは攻殻か

  • レビューの記事をもっと見る 2018年3月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース