review

神木隆之介「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」学校はあまりにもブラック職場2話

「週平均60時間もの長時間労働。しかも残業代なし。『自主的活動』という名目の強制的な部活動地獄。休日手当にいたっては日当3,000円。完全なブラックな職場ですよ。しかもブラックの先にはブラックボックスがある。非正規教師の存在です」

NHK総合の土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(略称「やけ弁」。夜8時15分~)。先週放送の第2話の劇中、主人公の新米弁護士・田口章太郎(神木隆之介)が、スクールロイヤーとして派遣された青葉第一中学がいかにブラックな職場か、所属する法律事務所の所長・高城(南果歩)に報告した。冒頭にあげたのは、そのときのセリフである。おそらく、ここにあがっているような労働状況は、ドラマのなかだけの話ではなく、きっと全国の多くの学校で実際に生じていることなのだろう。

従来の学園ドラマでは、こんなふうに教師の労働環境が取り沙汰されることなどなかった。先生たちは、昼も夜も生徒たちと向き合い、ときに激しくぶつかり合いながら問題を解決する。それが学園ドラマの王道だった。それに対し「やけ弁」は「労働者としての教師」に着目したのだから画期的だ。
神木隆之介「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」学校はあまりにもブラック職場2話
イラスト/まつもとりえこ

「桃太郎」と「かちかち山」で大激論


従来の学園ドラマとの関連でいえば、第2話でクローズアップされた非正規教員・宇野を演じていたのが、かつてドラマ「ROOKIES」(2008年)の熱血教師役で注目された佐藤隆太ということに、キャスティングの妙を感じた。

あわせて読みたい

  • オダジョーに呆然「刑事ゆがみ」最終話

    オダジョーに呆然「刑事ゆがみ」最終話

  • 3月のライオン神木くんの最後の少年

    3月のライオン神木くんの最後の少年

  • 実写版「バクマン。」大根仁監督大正解

    実写版「バクマン。」大根仁監督大正解

  • 神木隆之介は桐島じゃないってよ

    神木隆之介は桐島じゃないってよ

  • レビューの記事をもっと見る 2018年5月5日のレビュー記事
    「神木隆之介「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」学校はあまりにもブラック職場2話」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      面白い試みのドラマですね。

      6
    • 匿名さん 通報

      学校は辛いですね

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

    やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

    「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース