review

フィギュアスケート史上最悪の醜聞の陰に毒親「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

スポーツ史上最大級のスキャンダルを扱った映画……ということで野次馬根性満々で見に行った『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』。しかし、おれは「トーニャ! もっとやれ!」という気分になった。
フィギュアスケート史上最悪の醜聞の陰に毒親「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

フィギュアスケート界で発生した前代未聞のスキャンダル、その陰には毒親の姿が……


フィギュアスケートに興味がなくても、トーニャ・ハーディングという名前に聞き覚えがある人は多いのではないだろうか。1994年、リレハンメル五輪の選考会を兼ねた全米フィギュアスケート選手権で、ナンシー・ケリガンという選手が何者かに膝を殴打される事件が発生。その首謀者として疑惑の目を向けられた、当時トップのスケーターがトーニャである。女子選手としてトリプルアクセルを飛んだ史上2人目(1人目は伊藤みどり)のスケーターでありながら、事件の後は事実上スケート選手としてのキャリアを断たれた。

『アイ、トーニャ』では、なぜこの事件が起きるに至ったのかをトーニャが4歳の頃まで遡って描く。トーニャの育った家庭は複雑だ。母親は何度も離婚を繰り返し、トーニャは4番目の夫との間に生まれた5番目の子供にあたる。この母親ラヴォナが曲者である。貧乏暮らしを脱出するためだけに娘に無理矢理スケートを習わせ、「あの子はガンガン怒った方がやる気を出すし、伸びる」という謎の思い込みの元に、幼いトーニャに罵詈雑言を吐きまくる。禁煙のはずのスケートリンクでバカバカとタバコを吸い、「お前は甘ったれている!」と小学生を罵倒する。しかし困ったことに、トーニャには優れた身体能力があり、成長するにつれてスケートの世界で頭角を現す。

あわせて読みたい

  • 四大陸フィギュア選手権で平昌五輪予習

    四大陸フィギュア選手権で平昌五輪予習

  • 「ユーリ!!! on ICE」描写の凄さ細かさ

    「ユーリ!!! on ICE」描写の凄さ細かさ

  • インドの星一徹とその娘たちのドラマ

    インドの星一徹とその娘たちのドラマ

  • 想像の斜め上「スリー・ビルボード」

    想像の斜め上「スリー・ビルボード」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年5月10日のレビュー記事
    「フィギュアスケート史上最悪の醜聞の陰に毒親「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      凄まじい生い立ちですね❗

      3
    • 匿名さん 通報

      といむつお。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

    次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース