review

帰ってきたクソ無責任ヒーロー「デッドプール2」破滅的ギャグと真面目な作劇の狭間

史上最もデタラメでちゃらんぽらんなヒーロー(かどうかも怪しい)、堂々帰還! 『デッドプール2』は、前作同様のハチャメチャさ加減と意外に真面目なストーリーの作りが相まって、もはや安定の域に達している。
帰ってきたクソ無責任ヒーロー「デッドプール2」破滅的ギャグと真面目な作劇の狭間

マーベル随一のお喋りクソ野郎、デッドプール


今となってはマーベルユニバース屈指の人気者となったデッドプール。名前と、あのスパイダーマンもどきみたいな赤いコスチュームはなんとなくわかる……という人も多いのではないだろうか。もともとは1991年にX-MEN系のタイトルである『ニュー・ミュータンツ』でデビューしたのでX-MENとは馴染みが深いが、コミックでは作品タイトルを飛び越えた大活躍を見せている。

前作の映画版『デッドプール』とコミックのデッドプールでは若干設定が違うものの、「末期ガンに侵された元特殊部隊員の傭兵がヒーリング・ファクターの実験で驚異的な治癒能力を得たものの、全身の皮膚が爛れると同時に頭がおかしくなってしまい、ハイテンションでハタ迷惑な自称ヒーローになった」という部分は共通。デッドプール最大の特徴は第四の壁を無視できるという点で、コミックでも映画でも観客に向かって話しかけてくるのである(つまり、コミックや映画の登場人物としては気が狂っている)。そういうヒーローだから劇中でもメタ的なネタが使い放題。まるで『不良番長』シリーズの山城新伍を不死身にしたようなヒーローが、デッドプールなのだ。

あわせて読みたい

  • 「アトミック・ブロンド」セロン様素敵

    「アトミック・ブロンド」セロン様素敵

  • キアヌ「ジョン・ウィック」正しき続編

    キアヌ「ジョン・ウィック」正しき続編

  • 「インフィニティ・ウォー」覚悟決めろ

    「インフィニティ・ウォー」覚悟決めろ

  • ロシア発「ガーディアンズ」のオタク魂

    ロシア発「ガーディアンズ」のオタク魂

  • レビューの記事をもっと見る 2018年6月4日のレビュー記事
    「帰ってきたクソ無責任ヒーロー「デッドプール2」破滅的ギャグと真面目な作劇の狭間」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      邦画見せられるより、洋画がいい。

      1
    • 坂井 通報

      クソ 内容記事 だな しげる も クソ だし・・・・

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。