review

3日寝てない人の現実を描く「アローン」砂漠のど真ん中、地雷を踏んで身動き取れず

地雷を踏んで動けなくなった狙撃兵を軸にしつつ、「3日寝てない人は一体どういう状態になっちゃうのか」という問いに真面目に答えた作品が『アローン』である。3日寝てない人はどうなっちゃうのかというと、人生について考えてしまうのである。
3日寝てない人の現実を描く「アローン」砂漠のど真ん中、地雷を踏んで身動き取れず

海兵隊のスナイパー、孤立無援の砂漠で地雷を踏む


アフガニスタン、そしてイラクでの近年の戦闘は、狙撃兵の価値が見直された戦いでもあった。広大な砂漠や山岳地帯は見通しがよく、望遠鏡を使って遠くの敵を狙い撃つという狙撃のアドバンテージを大きく活かせた。加えて、ターゲットを選別し一方的に攻撃を加えることができる狙撃は、「少数のチームを敵地に潜伏させ、大物テロリストだけを狙って一撃で倒す」というような戦術を可能にする。大規模戦力同士のぶつかり合いが減った近年の戦争において、願ったり叶ったりな能力を備えたのが狙撃兵なのだ。

狙撃兵は大抵、狙撃手と観測手の2人組で行動する。たった2人のチームで投入され、ターゲットを倒した後は速やかに離脱するのが前提だが、なんせ味方が2人だけなのでアクシデントが発生した時にはすぐにピンチになる。基本的に敵地で活動し、しかも周りは人気のない砂漠や山岳地帯。離脱が難しい中で2人だけのチームが身動き取れなくなるというシチュエーションを簡単に設定できるのだ。最近の作品だと『ザ・ウォール』という映画ではこのシチュエーションをうまく活用していた。『アローン』もこの文脈に連なる作品である。

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年6月20日のレビュー記事をもっと見る
「3日寝てない人の現実を描く「アローン」砂漠のど真ん中、地雷を踏んで身動き取れず」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    マシニストってあったよね

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース