smadan

長与千種さんの快挙は「喧嘩の仲裁」ではなく「DVからの救出」だ!

長与千種さんの快挙は「喧嘩の仲裁」ではなく「DVからの救出」だ!

プロレスラーとして一世を風靡した長与千種さんが、2018年11月19日札幌市内で、夫から暴行を受けていた妻を救出し、大いなる称賛を受けています。

興行で札幌市内を訪れていた長与氏は、食事を済ませてホテルに戻る途中、前を通りかかった立体駐車場から「助けて!」という女性の声を聞き、駆け付けたところ、若い男性が女性に暴行を加えていたとのこと。

結果的に小指の剥離骨折という傷を負いながらも、53歳の女性(長与氏)が27歳の男性(加害者である長谷川容疑者)に立ち向かうという勇猛果敢さは本当に素晴らしく、称賛に値することは間違いありません。


日本では人を助けることのハードルが高い


私も、2017年6月に東京世田谷区・下北沢駅の構内で、盗撮をしていた男性を注意したところ、逆上して顎を殴られ首を絞められる暴行を受けたことがあります。体重は私の2倍はありそうな男性でしたし、「犯罪を実行している」という時点で既に反社会的な人間ゆえに逆上の可能性も高い。そのような中で立ち向かうことは非常に勇気の要ることです。

とりわけ、応援がわっと入ってくるような他国とは違って、日本では周囲が傍観を決め込むことが大半で、孤独の戦いを強いられます。それゆえ、日ごろから強い正義感を持っていない限り、とっさに行動できることではありません。

まさに偉業とも言うべき長与氏の救出劇ですが、一方で、このニュースを見ると、長与氏を称賛したい気持ち以上に、むしろ怒りが増すポイントがいくつかあります。


延々と誤報を繰り返すマスコミ各社


まず、「男が女性に乗っかっていて、足と首を取っているような状態だった。女性は引きずり回され、素足で、膝には擦過傷があって、バッグなども散らばっていた」という状態は決して喧嘩ではなく、妻に対する激しいDVであり、それ自体も卑劣な暴行・傷害です。ですから、長与氏の偉業は、あくまで「DVを受ける被害者を救出したこと」です。

それにもかかわらず、マスコミ各社は「喧嘩を仲裁した」と事実関係を誤った表現で報じています。喧嘩というのはあくまで「取っ組み合い」「殴り合い」「罵り合い」のような状況を指すのであって、今回のように強者が一方的に暴力を振るう状況や、片方が「助けて!」と叫ぶ状況はもはや喧嘩とは言いません。

DVは、その大半が一方的な暴行であるにもかかわらず、これまで散々「夫婦喧嘩」と見なされ、矮小化されてきました。平成になってからようやく対策がなされるようになり、2001年のDV防止法施行以降は社会的認知も少しずつ高まってきたものの、むしろ警察における配偶者からの暴力事案等の相談等件数は右肩上がりという状況が続いています。

このように、DVは喫緊の社会課題であるにもかかわらず、いまだにマスコミ各社が「夫婦喧嘩」という加害者の暴力性を矮小化する言葉で報じてしまうことは、決して許されることではないし、こういう無理解がDVを根絶できない社会の片棒を担いでいるように思うのです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2018年11月21日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。